自分の症状を見極めれば、対処法が見えてくる

 頭痛を経験したことのない人はまずいない。

 非常にありふれた症状のひとつだが、まず、いちばん大切なことは命にかかわる危険な頭痛を見逃さないということだ。例えば、働き盛りの人の突然死の原因となるクモ膜下出血も初期症状は頭痛であることが多い。がん(脳腫瘍)や感染症が原因の頭痛も早期発見が重要だ。

 また、女性に多い「片頭痛」、男性に多い「群発性頭痛」など、定期的にくり返される頭痛に悩んでいる人も多いだろう。漫然と頭痛薬に頼っている人も多いが、最近慢性頭痛の臨床研究が進んでおり、患者に合った治療が行われるようになったことも、ぜひ知っておいてほしい。
 ⇒ 頭痛治療の最新知識

 命を守るために、そして生活の質を高めるために、まずは、自分の頭痛がどのパターンなのかを見極めることから始めよう。

 次ページのチェックシートをご覧になっていただきたい。