トップ > 田原総一朗の政財界「ここだけの話」 > 田原総一朗:マスコミが「本質」を報道しないのはなぜか

田原総一朗の政財界「ここだけの話」ビジネス

田原総一朗:マスコミが「本質」を報道しないのはなぜか(1/6ページ)

2012.01.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年が改まってから、いくつかの月刊誌や週刊誌の編集長に話を聞いたが、今、月刊誌も週刊誌も企画に困っているようだ。その理由は、「打つべき対象」がぼやけてしまっているからである。

権力という存在が曖昧になっている

 かつて「体制」と「反体制」という言葉があった。「体制」の代表は政府である。今なら民主党政府ということになる。当時ジャーナリズムといえば、権力批判をするもの、体制批判をするものと位置づけられていた。

 現在、日本の最高権力者といえば野田佳彦首相だ。だが、ほとんどの日本人が野田佳彦氏を「体制」とは思っていない。野田さんの批判など、誰でもできる時代である。だから、野田批判をしても読者や視聴者にはまったく受けない。近所のおじさんを批判しているようなもので、それとさして変わらないのである。

 野田首相の対抗馬として自民党総裁の谷垣禎一氏がいるが、彼も権力者でも何でもない。このように権力という存在が非常に曖昧になっているのだ。

 そこで今、一番困っているのがマスコミということになるのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー