トップ > 猪瀬直樹の「眼からウロコ」 > 猪瀬直樹:民主党は「高速道路無料化」の看板をおろせ

猪瀬直樹の「眼からウロコ」ビジネス

猪瀬直樹:民主党は「高速道路無料化」の看板をおろせ(1/5ページ)

外環道を当初計画どおり早期に整備し、首都災害に備えよ

2011.12.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国土交通省の「高速道路のあり方検討有識者委員会」が12月9日、民主党の高速道路政策の迷走を軌道修正した。高速道路無料化にこだわる民主党のせいで、政権交代以来、東京外環自動車道(外環道)について建設スキームが決まらず宙ぶらりんで停止していた。今回の有識者委員会により、2002年に道路公団民営化委員会が提案した方法にようやく落ち着きそうだ。

環状道路がなければ経済にマイナス、防災上も問題

 世界の主要都市で、環状道路が整備されていないのは東京ぐらいなものだ。ワシントンDCもロンドンも、ベルリンだってほぼ100%整備されている。北京も100%整備されているのに、東京の環状道路はわずか47%しか整備されていない。

 これではアジアの成長力に引き離されてしまう。環状道路がなければ大都市部に車が入り込んで、渋滞で物流を滞らせるなど経済に負の効果をもたらす。東京23区の交通量のうち14%は東京に用のない通過交通である。

 防災上も問題だ。首都直下型地震が起きれば、環状七号線以内の道路は通行禁止になる。首都圏への西からのアクセスは関越自動車道(関越道)、中央自動車道(中央道)、東名高速道路(東名)しかないが、この放射道路は相互につながっていない。物資の搬送など救援活動ができなくなる。

関越自動車道・大泉以南で外環道の整備がストップしたままだ(図は国土開発幹線自動車道建設会議の資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー