トップ > 週刊「面白法人カヤック」 > 【108】労働は苦しい? それとも楽しい?

週刊「面白法人カヤック」ビジネス

【108】労働は苦しい? それとも楽しい?(1/5ページ)

2011.11.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は「24時間遊び、24時間働く」ことについて考えてみたいと思います。

 カヤックでは大切にしている指針を「カヤックスタイル」というキーワードでまとめています。そのうちの1つに「鎌倉本社と旅する支社」があります。

 海と山のある鎌倉に居たいから「鎌倉本社」にし、いろんな土地に行ってみたいからオフィスそのものを固定しない「旅する支社」という仕組みを作る。つまり、このキーワードには、「矛盾するものであっても、何とかやりたいことをやるために方法を考える」といった強い意志が込められています。

 そのためには、常に「一石二鳥」的な考え方が必要であり、1日が24時間だとしたら、「24時間遊び、24時間働く」気概が必要だと思っています。

 ところが、「24時間遊び、24時間働く」というキーワードは、必ずしも共感されるわけではありません。むしろ世の中には、「仕事とプライベートは別」と言う人の方が多いのではないでしょうか。

 そんな人にとっては、この「24時間遊び、24時間働く」というキーワードは、「24時間働け」と言われているかのように聞こえ、恐怖になります。

 そのように指摘されると、確かにこのキーワードは、どちらかというと経営者視点に寄っているのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー