トップ > 戸田覚「デジモノ達人への道」 > 「機能不足」は変わらず、それでも“即買い”の新型ポメラ

戸田覚「デジモノ達人への道」ビジネス

「機能不足」は変わらず、それでも“即買い”の新型ポメラ(1/4ページ)

2011.11.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 はっきり言ってしまうと、僕は「これまでのポメラ」にあまり魅力を感じなかった。過去に書いた記事でも太鼓判を押すほどに褒めた記憶がない。しかし、結論から言うなら、久々に“即買い”確定である。

 以前のポメラをさほど欲しくならなかった要因は二つ。一つは、キーボードが折り畳み式だったこと。折り畳んだところでポケットへ入れるには大きすぎるのだから、あまり意味がない。さらに、その機能を持たせることによってキーボードの使い心地が悪かった。要は打ちづらかったのだ。もう一つは、あまりにも使い道が限定されていたことだ。いつでもどこでもすぐテキスト入力できるのは良いのだが、メールすら送れないのでは話にならないと思っていた。

ポメラの新モデル「DM100」。昔のモバイルギアそっくりなイメージだが、実は相当にスリムだ
[画像のクリックで拡大表示]

 今回登場した新型ポメラ「DM100」も、機能不足であることには変わりがない。基本的には「メモを取ること」しかできないのだ。まあ、製品の売り文句に“いつでもどこでもすぐ「メモる」”とあるのだから、そもそものコンセプトが「メモ専用機」。ところが最新モデルでは、従前モデルに対して僕が感じていた問題点がすべからく解消されている。では、借用機の細部をチェックし、“即買い”の理由を解説していこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー