トップ > 職場を生き抜け! > 【第173回】派遣社員の質が安定していません…

職場を生き抜け!ビジネス

【第173回】派遣社員の質が安定していません…(1/6ページ)

~受け入れる前にすべきことがある~

2011.08.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【第172回】「派遣社員の部下がきちんと働いてくれません…」に多くのコメントをいただきましたが、今回はその中から下記について考えたいと思います。

◆読者のコメント
 私もメーカーの研究施設にいます。私のところでは、いわゆる研究職を専門としている派遣会社と、通常の派遣会社の2つのソースの派遣さんが混在しています。前者は、通常の派遣会社に比べ、相当な金額を取られます。私の知る限り、どちらにも共通している問題はそこまで質が安定していないことです。前者の場合「理系」のバックグラウンドを持ってはいるのですが、専門外の分野で従事したり、あるいはそこまで実験に特化していなかった人だと即戦力にはなりません。

 逆に意識の高い人はこのような研究職派遣には安住せず、正社員としての研究職を目指して短期で辞めてしまわれますので、次の人を受け入れなければならずこちらの手間が増えるだけです。また、後者の「一般の派遣」の場合、実験の素養はほぼゼロで、主婦に実験を依頼するのと同じ状態になります。

 派遣受け入れ側での対策としては、1)派遣会社に依頼する前にその業務内容を明確にする。2) 依頼するルーチン作業手順を文書化して「理系の素養がない主婦」でも測定ができるトレーニングを実施する。このようなことが必要なのではないでしょうか? これらのステップを手抜きすると痛い目に会うことが多いと思います。(2011年08月10日・匿名)

 今回は、派遣社員を始め、契約社員、パート社員などの非正規社員の扱いに詳しい社会保険労務士の小岩広宣さんに話をお聞きしました。

◆小岩さんのコメント
 一部を除き、おおむねどのような状況であるかは想像がつきました。読者は、見識がある方なのでしょうね。メーカーに限りませんが、このように派遣会社を使い分けることをしている会社は最近増えています。ただ、コメントを読む限りでは、この会社はその使い分けが徹底されているとは言い難い面があるように感じました。

 2つのタイプの派遣社員が「混在しています」とあります。その混在の意味が分かりませんでした。同じ職場で同じような仕事をしているのか、それとも同じ職場でありながらも、違う仕事をしているのか、それともさらに違う意味でこの言葉を使っているのか、イメージが湧いてきませんでした。(続く)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー