トップ > ‘Old Friends’ あの時代を駆け抜けたクルマたち > 【76】いすゞ・FFジェミニ(昭和60年) プロ好みの仕様を揃えたキラリと光る小さなヒーロー

‘Old Friends’ あの時代を駆け抜けたクルマたちライフ

【76】いすゞ・FFジェミニ(昭和60年) プロ好みの仕様を揃えたキラリと光る小さなヒーロー(1/3ページ)

2011.08.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いすゞのオリジナル・モデル、「FFジェミニ」

このピンクのボディカラーも注目を集めた。コンパクトに見える3ドア小型車で、これはディーゼル・ターボ・エンジンを搭載していた。
[画像のクリックで拡大表示]

 「FFジェミニ」と呼び慣わされた、いすゞの小型車をご存じだろうか。1985年5月に発表された、ジェミニとしては第二世代にあたるもの。つまり、大GMの傘下に収まり、オペル・カデット、シボレー・シェヴェットなどと同じ、当時の「ワールドカー構想」の一環として1974年に誕生したのが初代ジェミニ。「Tカー」いすゞ版というような位置づけで、いうまでもないジェミニという双児車を表わしたモデル名はそれ故だったのだ。

 それから10年の時が経過し、モデルチェンジした二代目にあたる「FFジェミニ」は、その海外発の双子車というものではなく、いすゞにとって久々のオリジナル・モデルとして注目すべきものであった。つまり上級のいすゞ・アスカもアスコナ、キャバリエ等と双児車だったから、いささかパワーを持て余していた。いすゞ設計陣は、久しぶりのゼロから設計する乗用車として、大いにはりきって「FFジェミニ」を形づくった、という。

 一見すると、よくまとまった標準的な小型車、という印象に終始するが、中身を改めて見るといくつもの興味深い部分が発見できる。

著者:いのうえ・こーいち

理工系大学院修了。日本写真家協会(JPS)、日本写真作家協会(JPA)会員。
主な連載誌は、小学館「ラピタ」、日本カメラ社「日本カメラ」、エイ出版「東京生活」、サドルシューズ「ミニフリーク」など。クルマをはじめとして、乗り物全般を愛好する。著書には「客車好き」(JTBパブリッシング)、「ぼくの好きな時代、ぼくの好きな車たち」(エイ出版)、「クルマ好きはやっぱりフェラーリが好き」(二玄社)、「アルファ156」(経林書房)、「世界の自動車100点」(講談社)、「世界の名車」30巻(保育社)、「男の鉄道ホビイ」(エイ出版社)などがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー