トップ > ビジネスパーソンの迷惑メール対処術 > ケータイが盗聴器?悪意があれば便利なツールに変貌

ビジネスパーソンの迷惑メール対処術ビジネス

ケータイが盗聴器?悪意があれば便利なツールに変貌(3/3ページ)

2007.02.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の体験の履歴を記録して「人生を検索」

 この手法は個人的なメディア接触を記録して検索することにも生かせる。自分が見た・聴いたテレビやラジオ、音楽を詳細に記録するには、現在のところは録画・録音し続けるか手作業でメモを取るしかない。しかし、録画・録音は、出先で見聞きした情報までは網羅できない。パソコンで見るネットテレビは録画できないものが多い。メモは労力が大きくて現実的ではない。

 「きのうテレビで見たような気がする」情報が、どこで見聞きしたものかを探す場合を検討してみよう。記憶を頼りにテレビ番組表を調べる、メモをチェックする、録画があれば再生して探し出す、といった方法だと見つけ出せない可能性がある。記録漏れ、検索漏れを防ぐのは難しい。

 こうしたシチュエーションでは、日常的に自動的にデータを記録することに価値がある。常に身近に置いてあるケータイだけに、漏れなく音を集めるセンサーとして役に立つ。 パソコン内のファイルを探し出すデスクトップ検索で、見つけ出せずにいた資料を発掘した経験がある人は多いだろう。同じように、自分の過去のメディア接触状況を探し出せるようになるかもしれない。極論すれば“人生の履歴”の記録機能、“人生の検索”機能が得られるというわけだ。

 セキュリティの分野は、扱う内容が後ろ向きで陰湿な話題が多い。そこで語られる技術が、役立つツールとして表舞台に出てくるのは実に喜ばしいことである。

須藤 慎一(すどう・しんいち)
須藤 慎一(すどう・しんいち)

 本業は通信や情報機器のプランナー/ライター。企業を訪問して事例を取材するのが大好き。ライフワークとして迷惑メール対策にも取り組んでいる。
http://www.quixotia.com/profile.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー