トップ > 週刊「面白法人カヤック」 > 【85】面白法人カヤックが考えるリーダーの条件

週刊「面白法人カヤック」ビジネス

【85】面白法人カヤックが考えるリーダーの条件(1/4ページ)

2011.05.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、カヤックにおけるリーダー像について考えてみたいと思います。カヤックという組織は元々、フラットな組織を目指しているということもあり、肩書きは全員「Creator」となっています。社内の階層構造も、大きく言えばリーダーとそれ以外の2つしかありません。その証拠に月に1回の全社的な数字を共有する経営会議には、リーダー陣が30人参加します。

 その会議に参加するメンバーは、自分でプロジェクトを率いているか、あるいはリーダー陣が推薦した人です。参加条件は「会社の問題を自分事化しているかどうか」に尽きると僕自身は考えています。

 そのような考え方ができるようになったら、その組織のリーダーにふさわしい人間だと言えるのではないでしょうか。そう考えると、組織のリーダーになる前提条件は、それほど難しい話ではないとも言えます。

 もちろん、リーダーになった後も精進は必要です。そこでカヤックがリーダーに求めるものを5つほど紹介しましょう。

1:仕事ができること
2:プレイヤーでもあること
3:自分の信じる道があり、未来を示せること
4:変化に誰よりも貪欲であること
5:高潔であること

 それぞれについて解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー