トップ > 花岡信昭の「我々の国家はどこに向かっているのか」 > 花岡信昭:復興案策定前に大連立でもたつく政治の機能不全

花岡信昭の「我々の国家はどこに向かっているのか」ビジネス

花岡信昭:復興案策定前に大連立でもたつく政治の機能不全(1/7ページ)

2011.04.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後最大の国難を前に、政治は機能不全に

 戦後最大の大惨事となった「3・11」から間もなく1カ月というのに、政治の機能不全状態が続いている。

 福島第1原発の事故は依然として深刻な状況だ。被災地ではいまだに救援体制が確立していない。避難所に行ってからの死者は震災関連死と位置付けられるが、これは「人災」といって過言ではない。

 先進国・日本にあって、この実態はいかにも異常だ。福島原発に国民の目が向いているから、その異常さが隠れてしまっている感があるが、巨大地震、巨大津波、原発事故という三重苦にあって全体を見通した司令塔が存在していない。

 前回コラムでも触れたが、関東大震災(1923年)のさい、後藤新平率いる帝都復興院が発足したのは震災から1カ月弱の時点だった。ちょうどいまごろの段階だ。

 首相官邸は原発から漏れる放射線の計測値に一喜一憂し、枝野官房長官はなにやら原発広報官と化した。すさまじいばかりの風評被害が広まっている実態になすすべもない。

 東日本の太平洋岸が壊滅状態になったのだから、これは阪神大震災の比ではない。国家再生のイメージすら必要な一大復興ビジョンが求められている。

 そういう国難ともいえる局面で、政治は何をやっているか。相変わらず「政局」の意識から抜け出せないままだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー