トップ > 林 志行の「現代リスクの基礎知識」 > 林志行:東日本大震災(2) リーダーシップ、計画停電、メディアCSR

林 志行の「現代リスクの基礎知識」ビジネス

林志行:東日本大震災(2) リーダーシップ、計画停電、メディアCSR(1/8ページ)

2011.03.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 普段、私達が何かをマネジメントする場合、「グレーゾーン」(判断に迷うようなあいまいな部分)を意識しなければならない。現実の世界では、あちらを立てれば、こちらが立たずの状況があり、リーダーとはまさにそうした状況を判断し、事前に手立てを打ち、先々の不可抗力、不確実性に対処することが求められる。

 緊急時には、その対象範囲がさらに狭まり、24時間体制で迅速な対応が要求される。特に初動は重要である。一手打ち間違えると取り返しがつかないが、慎重になりすぎてもたもたすると、かえって影響が拡大することがある。科学技術の進化に伴って、価値観が変化するので、過去の成功体験に引きずられすぎず、対応方法も変えていくことが肝要だ。

 最適な(最善な)方法を考えたとしても、違う部分から、さらなる不都合が生じる。想定外の事象にいかに対処するか、不眠不休で改善を要求されるが、我慢強く、あきらめずに、制御することが求められる。

 緊急時に重要なのは、あわてず、あらかじめ作成していたルール(ベンチマーク)を守ることであるが、平時のルールが厳しすぎる(「べからず集」の羅列が続く)と、そのルールに縛られすぎるきらいがある。

 そうした中で、グレーゾーンをどう判断し、方向性を決めていくのか。事態の推移、社会への影響力を考慮し、トレードオフ関係を意識した的確なマネジメントがリーダーには求められる。

 前回(「東日本大震災(1) リスクマネジメントとツイッター力」)は、リスクマネジメント(緊急地震速報、BCP、帰宅困難者)とツイッターの影響力(情報の拡散、テレビ、ラジオなど震災弱者への対応)を取り上げた。

 これに続く第二弾では、「リーダーシップ」「計画停電」「メディアCSR」について考えをまとめたい。

 いつものように、事件事故の発生当時の第一報、分析などは、ツイッタ-「linsbar」等での日々の活動を参照願いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー