トップ > 林 志行の「現代リスクの基礎知識」 > 林志行:東日本大震災(1) リスクマネジメントとツイッター力

林 志行の「現代リスクの基礎知識」ビジネス

林志行:東日本大震災(1) リスクマネジメントとツイッター力(1/7ページ)

2011.03.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年3月11日、14時46分に発生した東日本大震災。

 冒頭、犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、震災から2週間以上が経過し、被災地域ならびに被災者の方々が少しでも安らげる体制をいかに作るか、さらに復旧復興に向け、筆者自身もネットワークを駆使し、知恵を絞り、貢献できるよう行動したいと考えている。

 1000年に一度といわれるマグニチュード9.0の地震と、10メートルを超える津波。その津波に襲われ、福島第一原発では1~6号機が損傷した。地震直後に、発電所は稼働を停止した。冷却装置などが壊れ、機能不全となったため、事態はいまだ予断を許さない状況にある。

 2週間という区切りに、久しぶりにテレビカメラの前に立った菅総理とその言葉には覇気が感じられなかった。

 原発の修復状況、放射性物質が野菜や土壌、さらには水道水からも検出されるなど不安が拡がり、乳児への影響が懸念される。

 あまりにも多くのことがのしかかるが、パニックを起こさず、いつものように整然と国難を受け入れ、そこから立ち上がろうとしている日本人…。そう、報じられている。でも、その批評も、今回だけは、何かしっくりこない。我慢したつけが回ってきているのではないかという感覚だ。

 1000年の揺れから、単に元に戻るのではなく、新しい1000年をどう作っていくのか。新たな道を模索し、これまでの二律背反的な対立ではない、第三の道を歩きだすきっかけとしなければならない。

 私たちはどこに向かおうとしているのか。政府、企業、マスコミ、そして個人は、この地震+津波+原発事故をどう考え、どう動けばよいのか。少し整理を試みた。第一弾では、リスクマネジメントの観点からとツイッターが災害で果たす役割、その留意点に言及した。

 いつものように、事件事故の発生当時の第一報、分析などは、ツイッタ-「linsbar」等での日々の活動を参照願いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー