医療

トピックス

「胃が痛い」ときの自己診断〜その痛み、放っておいても大丈夫か?

 胃痛は多忙なビジネスマンにはつきもの。放っておいても大丈夫か、医師にみてもらうべきか、大まかな目安のための自己診断チャートです。

 働き盛りのビジネスマンが胃痛に苦しむとき、多い病気は「急性胃炎」や「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」です。原因は暴飲暴食、過労、ストレスなどです。風邪薬や鎮痛薬の副作用による胃痛もあります。自分では胃が痛いと思っていても、痛みの原因が胃ではないこともしばしばあります。病院や診療所で治療を受けるか、しばらく様子をみるか、その判断の大まかな目安は次の通りです。


部位の痛みで疑われる病気
みぞおちの痛み胃・十二指腸潰瘍
急性胃炎
慢性胃炎
胃がん
潰瘍穿孔
右上腹部の痛み胃・十二指腸潰瘍
急性肝炎
肝硬変
胆石症
胆のう炎
左上腹部の痛み急性膵炎
下の図「チェックシート」で病気が推測できます

【しばらく様子をみて大丈夫な場合】

●空腹時の鈍い痛み:胃・十二指腸潰瘍の可能性があります。鈍痛であれば市販の薬を服用するなど、様子をみてもよいでしょう。

●ときどき痛くなる、痛みに波がある:ストレス性胃炎の可能性があります。市販の薬を服用し、様子をみましょう。

(ただし上記症状には、胃がんが紛れていることもあります。早めに検査を受けた方が安心です)


【病院へ行ったほうがよい場合】

●痛みが激しい:急性疾患の可能性が大です。なるべく早く医療機関を受診しましょう。急性膵炎、胆石症など、胃の病気ではない可能性もあります。



注)初出は2004年8月16日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

日経BPスペシャル

日経BPスペシャル


働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト 日経DUAL
現場の底力
健康保険が危ない 崩壊前夜!日本の医療
GENUIN -本物を楽しむ大人のWEBマガジン-

BPセレクション─ 日経BP社の厳選通販

オフタイムのちょっとした外出に最適
ハリスツイード トートバッグ 
sample ハリスツイードの生地を最適な大きさであしらいました。ハリスツイードの生地がでしゃばり過ぎず、かつその良さを主張するバランスのとれたデザインです。中央部分には立毛のベロワ生地を使い、両サイドの黒いラインが全体を引き締め、センスある仕上がりになっています。
日経パソコン Windows 7搭載 超軽量特別セット sample 超軽量のノートパソコンを日経パソコン特別セットとして用意しました。ポイントは何と言ってもその薄さと軽さでしょう。本体の厚みは14.9mm、重さは795gで、業界最薄・最軽量クラスを実現。かばんに入れて持ち歩いても気にならない重さです。 会社を変えた改革者たちの流儀 会社を変えた改革者たちの流儀
ハウステンボス、セブン銀行など、改革者たちの流儀とその舞台裏を、企業トップと現場の両方に取材。双方の目線から“夜明け前”を冷静に描写していきます。 データ×アイデアで勝負する人々 データ×アイデアで勝負する人々 「データ」はビッグデータ時代の新たな通貨となり、企業や政府、個人などが持つデータを掛け合わせることで新たなサービスを生み出している。地中深くの“油田"に蓄積されていたデータが一気に吹き出ることで何が起きようとしているのか。保険、金融、不動産、食品、農業、エネルギー、医療、広告、防犯、街づくり、科学、選挙など、あらゆる産業と公共分野で進行する驚異の「データ革命」をレポート!