医療

トピックス

「胃が痛い」ときの自己診断〜その痛み、放っておいても大丈夫か?

 胃痛は多忙なビジネスマンにはつきもの。放っておいても大丈夫か、医師にみてもらうべきか、大まかな目安のための自己診断チャートです。

 働き盛りのビジネスマンが胃痛に苦しむとき、多い病気は「急性胃炎」や「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」です。原因は暴飲暴食、過労、ストレスなどです。風邪薬や鎮痛薬の副作用による胃痛もあります。自分では胃が痛いと思っていても、痛みの原因が胃ではないこともしばしばあります。病院や診療所で治療を受けるか、しばらく様子をみるか、その判断の大まかな目安は次の通りです。


部位の痛みで疑われる病気
みぞおちの痛み胃・十二指腸潰瘍
急性胃炎
慢性胃炎
胃がん
潰瘍穿孔
右上腹部の痛み胃・十二指腸潰瘍
急性肝炎
肝硬変
胆石症
胆のう炎
左上腹部の痛み急性膵炎
下の図「チェックシート」で病気が推測できます

【しばらく様子をみて大丈夫な場合】

●空腹時の鈍い痛み:胃・十二指腸潰瘍の可能性があります。鈍痛であれば市販の薬を服用するなど、様子をみてもよいでしょう。

●ときどき痛くなる、痛みに波がある:ストレス性胃炎の可能性があります。市販の薬を服用し、様子をみましょう。

(ただし上記症状には、胃がんが紛れていることもあります。早めに検査を受けた方が安心です)


【病院へ行ったほうがよい場合】

●痛みが激しい:急性疾患の可能性が大です。なるべく早く医療機関を受診しましょう。急性膵炎、胆石症など、胃の病気ではない可能性もあります。



注)初出は2004年8月16日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

日経BPスペシャル

日経BPスペシャル


働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト 日経DUAL
現場の底力
健康保険が危ない 崩壊前夜!日本の医療
GENUIN -本物を楽しむ大人のWEBマガジン-

BPセレクション─ 日経BP社の厳選通販

日経トレンディネットが新開発!
「“在宅避難”のためのオリジナル防災セット」
sample 製品評価のプロ「日経トレンディネット」と、防災のプロ「危機管理教育研究所」がタッグを組んで開発した、新しい考え方に基づく防災セットです。“在宅避難”のため、自宅を過ごしやすい環境にするアイテムをセレクトしました。
Wi-Fiスキャナー&ハイブリッドHDD軽快ノートセット sample 13.3型液晶の軽快ノートです。HDDにSSDを組み込むことで高速な読み書きが可能なハイブリッド型に強化しました。メモリーは4GBから6GBへ増強。思い立ったときにさっと起動し、やりたいことがすぐにできます。話題の携帯型ドキュメントスキャナー「ScanSnap iX100」のお得なセット購入も可能です。 日経ウーマン2014年9月号 日経ウーマン2014年9月号 【特集1】「好かれる力」&「嫌われる勇気」で人間関係はうまくいく!、【特集2】“母が重い…”と感じたら、【特集3】脳が目覚める 読書のススメ、【特集4】日常会話も海外旅行も 困ったときこそ 中学英語でなんとかなる! アドラーに学ぶ部下育成の心理学 「自ら動く部下」が欲しいなら ほめるな叱るな教えるな アドラーに学ぶ部下育成の心理学 「自ら動く部下」が欲しいなら ほめるな叱るな教えるな 1人でも多く「使える部下」が欲しい――そんな切実な思いを抱えながら、日々、部下の育成に心を砕くマネジャー。だが、多くの場合、その育成法は間違いだらけだ。「ほめて育てる」「叱って育てる」「教えて育てる」といった“常識"がいかに的外れか。「教育の心理学」とも言われるアドラー心理学の視点から、“本当に効く"部下育成術を伝授する。