医療

トピックス

「胃が痛い」ときの自己診断〜その痛み、放っておいても大丈夫か?

 胃痛は多忙なビジネスマンにはつきもの。放っておいても大丈夫か、医師にみてもらうべきか、大まかな目安のための自己診断チャートです。

 働き盛りのビジネスマンが胃痛に苦しむとき、多い病気は「急性胃炎」や「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」です。原因は暴飲暴食、過労、ストレスなどです。風邪薬や鎮痛薬の副作用による胃痛もあります。自分では胃が痛いと思っていても、痛みの原因が胃ではないこともしばしばあります。病院や診療所で治療を受けるか、しばらく様子をみるか、その判断の大まかな目安は次の通りです。


部位の痛みで疑われる病気
みぞおちの痛み胃・十二指腸潰瘍
急性胃炎
慢性胃炎
胃がん
潰瘍穿孔
右上腹部の痛み胃・十二指腸潰瘍
急性肝炎
肝硬変
胆石症
胆のう炎
左上腹部の痛み急性膵炎
下の図「チェックシート」で病気が推測できます

【しばらく様子をみて大丈夫な場合】

●空腹時の鈍い痛み:胃・十二指腸潰瘍の可能性があります。鈍痛であれば市販の薬を服用するなど、様子をみてもよいでしょう。

●ときどき痛くなる、痛みに波がある:ストレス性胃炎の可能性があります。市販の薬を服用し、様子をみましょう。

(ただし上記症状には、胃がんが紛れていることもあります。早めに検査を受けた方が安心です)


【病院へ行ったほうがよい場合】

●痛みが激しい:急性疾患の可能性が大です。なるべく早く医療機関を受診しましょう。急性膵炎、胆石症など、胃の病気ではない可能性もあります。



注)初出は2004年8月16日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

日経BPスペシャル

日経BPスペシャル


働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト 日経DUAL
現場の底力
健康保険が危ない 崩壊前夜!日本の医療
GENUIN -本物を楽しむ大人のWEBマガジン-

BPセレクション─ 日経BP社の厳選通販

おとなの2ウェイ タウンリュック
sample 「大人の装いにふさわしいリュックが欲しい」という思いから作られたリュックです。外観はスマートで上品。ある意味、そっけないほどシンプルですが、使い勝手やデザインに工夫が凝らされています。使ってみるとその細かな配慮を感じられるはずです。シンプルなのに“奥が深い”リュックです。
手のひらに乗る 「トニートニー・チョッパー」天然木フィギュア sample 国民的人気漫画の人気キャラクターが天然木フィギュアになりました。やさしい性格が自然と伝わってくる、味わい溢れる仕上がりになっています。×印が付いた帽子やぽってり丸いおなかなどを再現。ポーズは2種類、天然木は3種類をご用意しました。 美崎栄一郎のヒットの謎解き 会社を変えた改革者たちの流儀
「売り上げを1.5倍に伸ばしたウルトラマンギンガ」に「世界最小のギネス世界記録を持つラジコンヘリ」、「吸引力の落ちないダイソンの掃除機」から「Googleのストリートビュー」まで。ヒットの達人として知られる筆者が多様な分野の10商品に着目し、なぜそれがヒットしたのかを「着想」「事業」「技術」の3つの視点で丁寧に解き明かしていく。 バランスシートで読みとく世界経済史 ヴェニスの商人はいかにして資本主義を発明したのか? データ×アイデアで勝負する人々 複式簿記が先か? 資本主義が先か? 14世紀のヴェネツィアで広まった複式簿記は、「富を測定したい」という人間の欲望を実現し、資本主義の飛躍的な膨張をもたらしたーー。気鋭のジャーナリストが切り拓く、資本論の新境地。