トップ > 小宮一慶の「スイスイわかる経済!“数字力”トレーニング」 > 小宮一慶:国債格下げは治療不能な“慢性病”への警告、政府は消費増税前に無駄のカットを

小宮一慶の「スイスイわかる経済!“数字力”トレーニング」ビジネス

小宮一慶:国債格下げは治療不能な“慢性病”への警告、政府は消費増税前に無駄のカットを(1/9ページ)

2011.02.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2010年1月27日、日本の国債をダブルAマイナスへ格下げしました。これまでも日本国債の格下げは何度か行われてきましたが、私は今回の格下げについては過去のものと性質が全く異なると考えています。日本国債の格下げの背景に根深い問題があるからです。今回は、格下げの最大の原因である財政赤字の拡大に重点を置きながら、日本が今、どのような状況に陥っているのか、お話ししていきたいと思います。

日本国債の格下げは“慢性疾患”によるもの

 皆さんもご存じのように、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2010年1月27日、日本の国債をダブルAマイナスへ格下げしました。今回の日本国債の格下げについて、私は非常に懸念しています。

 これまでも、日本国債は何度か格下げされてきました。格下げと格上げを繰り返して来たのです。しかし、従来の格下げは、その理由のほとんどが金融危機に起因したものでした。例えば、1997年、2003年に金融危機が起こり、金融システムの不安定さから日本国債のリスクが高まり、格下げが起こったのです。

 しかし、今回の格下げについては金融危機の影響を受けていません。むしろ、世界中で日本だけが、今のところ比較的安定した金融体制を維持できているのです。にもかかわらず、格下げが実施されました。

 この理由は、取りも直さず日本の財政赤字がずっと拡大し続け、もう名目GDPの200%に迫ろうかとしているという状況であるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー