トップ > 林 志行の「現代リスクの基礎知識」 > 林志行:ウィキリークスとメディアリテラシー

林 志行の「現代リスクの基礎知識」ビジネス

林志行:ウィキリークスとメディアリテラシー(1/4ページ)

2010.12.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 内部告発サイト「ウィキリークス」による国家機密情報の暴露が問題となっている。

 この件が世界的にも注目されたのは、米国の外交公電を大量公開したことによる。海外に駐在する米国の外交官が在外公館から本国に送る公文書、いわば、水面下での世界の動きを大衆の目の前にさらけ出した瞬間だ。これにより、米国政府を本気で怒らせている。

 ウィキリークス側は、今は外交公電などを集中的にリークしているものの、さらに金融機関に関する秘密情報に対象を広げるとも示唆しており、別件で逮捕、拘束されていた(すでに保釈中)創設者の今後の活動が注目されている。

 今回のウィキリークス問題は、果たして何を意味するのか。

 日本では、アサンジ氏を容疑者として扱い、その行為を犯罪として、米国との対峙で議論しがちだが、容疑があるのは別件で、リークそのものの罪が英国で問われているわけではない。

 単にこの行為が卑劣かどうか、犯罪かどうかというのではなく、メディアとしても認めるのか、あるいは反政府権力者の独善システムなのかの議論にすべきであり、私たちの情報感度が試されているともいえる。

 日本国内においても、ウィキリークスに類似したケースとして、尖閣諸島沖での衝突ビデオの流出や、警視庁の内部資料が流出した問題などが発生しており、情報の保全についての法制のあり方やシステムが改めて問われている。

 こうした事態に私たちはどう対処すべきなのか。ウィキリークスの全体像と利害関係者をトレースしてみた。

 いつものように、事件事故の発生当時の第一報、分析などは、ツイッター「linsbar」等での日々の活動を参照願いたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー