トップ > 「ボク様」卒業への道 > 【49】僕たちは愛し合うことが足りなかった

「ボク様」卒業への道ビジネス

【49】僕たちは愛し合うことが足りなかった(1/3ページ)

「離婚は挫折だった」と語る石山哲也の場合

2010.12.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<今週のロスジェネ離婚男>
年齢:36歳
離婚年齢:30歳
仕事:大手メーカー正社員
世帯年収:1300万円
家族構成:妻

 私事だが、先日から別居している。妻の家族と同居していたので追い出された形になった。仕事場のある町にアパートの一室を借りて、1年半ぶりの一人暮らし再開である。この記事を妻の関係者も読んでいる可能性があるので詳細を書くのは控えるが、僕が結婚後も相変わらず「ボク様」だったことが原因の一つかもしれない…。

 石山哲也(仮名、36歳)と会ったのは、妻から「別々に暮らしたい」とはっきり言われた日の翌日だった。頭が混乱してとても外で飲む気になれなかった。でも、仕事なので仕方ない。素敵なママのいる新宿三丁目のダイニングバー「ル・タン」を予約して、石山を待つことにした。

石山(以下、I) どーも、どーも! お久しぶりです! 待たせちゃってごめんねー。
大宮(以下、O) いえいえ、大丈夫です。お忙しいところ呼び出しちゃってすみません。
I 何言ってんの。いつでも協力するよ! 大宮くんが声をかけてくれて嬉しいなあ~。

O 「離婚男」という企画趣旨ですよ。よくそんなにハイテンションになれますね(笑)。ひょっとして新たな恋人でもできたんですか?
I 
あれ? 大宮くんに伝えてなかったっけ? 僕は去年に再婚したんだよ。すごくしっかりした妻でね。いま、幸せだよ~!

妻に生活の心配はさせない!

O ……。そうですか。おめでとうございます。どんな風にしっかりしているんですか?
I 
折に触れて家計の見直しをやってくれる、とかね! 保険商品なんて放っておくと損するらしい。いま、お得な商品がどんどん開発されているから。頼もしいよ。

O 奥さんとは共稼ぎなんでしたっけ? 失礼ですけど、世帯収入を教えてもらえますか。
I 
いいよ~。僕が900万、妻が400万ぐらいかな。妻の稼ぎは将来に備えてほぼ全額貯金している。ブランド品とかに興味がない女性だから助かるよ。

O ほー。
I 
もちろん、金の心配はさせないよ。住宅ローンや光熱費は僕が払った上で、月々12万円を生活費として渡している。他にも大きな買い物をするときは別途払っているよ。

O 甲斐性ありますね! 石山さんは女好きという印象がありますけど、女遊びはしないんですか?
I 
する気になれないね! 妻はとにかく素晴らしい女性だから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー