トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【128】あなたはゼロ派? レイ派?

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【128】あなたはゼロ派? レイ派?(1/5ページ)

2010.11.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 090-0123-××××。あなたの携帯など電話番号を人に伝える時、0にあたるところをあなたは「ゼロ」と言う? それとも「レイ」と言う? 私は「ゼロ、キュウ、ゼロ」と読むゼロ派だが、「レイキュウレイの」と0をレイと言う「レイ派」も少数派ながら存在する。

 ところがテレビやラジオに耳を澄ますと「お問い合わせは東京レイサン、レイイチニイサンのイチレイレイレイまでお願いします」と0を言う時「ゼロ」ではなく「レイ」が使われていることが普通だ。

 テレビ、ラジオのアナウンサーが番組内で電話番号、郵便番号など数字を口にする時は「レイ派」が圧倒的、支配的だ。何故か? 私の日本語の知恵袋、NHK放送文化研究所塩田専任研究員に聞いてみた。

ゼロとは「まったくない」ということ

塩田:実は、梶原さんと同じような疑問を抱いてお問い合わせを頂くことがあるんです。そういう方のためにうちのHP、ことばQ&Aというコーナーでお答えしています。

 さっそくそのQ&A部分をみると、こんな例と共に塩田さんの解説が載っている。

Q:電話番号を読み上げるときに、「0」を「ゼロ」と読んだら注意されました。なぜでしょうか。
A:「ゼロ」が英語から取り入れた外来語であり、「イチ、ニ、サン…」などとは異なるからです。
 (以下はNHK放送研究所HP、ことばQ&Aから抜粋して引用)
 「イチ、ニ、スリー」と言ったら非常におかしく聞こえるのと同じように、「0」のところだけ歴史の浅い英語からの外来語「ゼロ」を使うのはあまり好ましくない、という理由から、数字を読み上げる時などは「ゼロ」を使わず「レイ」と言うようにしているのです。ただし、「ゼロ」という発音は「レイ」に比べて強く響くような印象もあるため、「ない」ということを強調する場合には、放送で「ゼロ」を使うこともあります。

 事故ゼロ 海抜ゼロメートル地帯 欠席者ゼロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】トレンドアイ

  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー