トップ > 乗り移り人生相談 > 【72】童貞社長と比べたら子供店長の方がましだ

乗り移り人生相談ライフ

【72】童貞社長と比べたら子供店長の方がましだ(1/4ページ)

2010.11.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Q
父の会社を受け継ぐまでに何をすべきか

 私の実家は女性向けのバラエティ雑貨を扱う会社を営んでおります。私の父が創業者で、23年目にして年商10億円の会社にまでなりました。私も大学を出て、すぐに入社し、現在は修業ということで他社で色々と学ばせていただいております。二代目として会社を引っ張っていかなければならない時がいつかはやってきます。その時のために経営に関することは勉強しています。

 さて、悩みですが、私はとても世間知らずで、内気で、人付き合いもまともにできません。さらに言えば、今まで女性との付き合った経験もなく、恥ずかしながら童貞です。これから色々と経験していきたいと思っておりますが、何からしていけばよいのか分からないのです。これはしたほうがいいということがありましたら、ぜひ、経験豊富な島地さんから助言いただければと思います。よろしくお願いします。

(26歳・男性)

シマジ  26歳で童貞で内気で人付き合いが苦手というわけか。よし、分かった。お答えしよう。ところで、ミツハシは「ホットドッグ・プレス」という雑誌を知っているか?

ミツハシ 知っているも何も、「ポパイ」と「ホットドッグ・プレス」は、私が大学生時代に男子学生のバイブルみたいな雑誌でしたよ。私はひねくれていたので、両方とも意地でも買いませんでしたが。

シマジ  じゃあ、何を読んでいたんだ。

ミツハシ 言わずもがなの「週刊プレイボーイ」。それから「ダ・カーポ」もよく買いましたね。大学の近くの喫茶店に男性週刊誌が一通り置いてあったので、ほぼ毎日のように通ってポスト、現代、週朝、サンデー毎日、文春、新潮は目を通していました。

シマジ  ずいぶんオヤジくさい大学生だな。

ミツハシ 「ポパイ」と「ホットドッグ・プレス」なんかよりオヤジ週刊誌の方がずっと面白かったですからね。

シマジ  そうか。でも、そうすると「ホットドッグ・プレス」の「試みの地平線」は読んでいなかったわけだな。

ミツハシ 作家の北方謙三さんが回答者を務めた人生相談コーナーですよね。知識としては知っていましたが、リアルタイムでは読んでいませんでした。

シマジ  実は、あの連載は、俺が当時のホットドッグ・プレスの丸木編集長から相談を受けて、北方謙三先生を薦めたんだよ。その後、少しして謙三先生は柴田錬三郎賞を獲って、文豪になったんだ。

ミツハシ そうだったんですか。講談社の雑誌編集長が集英社のシマジさんに相談を持ち込み、それに答えるというのは、いかにも雑誌が元気だった時代ならではですね。

シマジ  確かにそうだね。それで結局、「試みの地平線」はたいへんな人気コラムになったわけだが、謙三先生は、こういう相談にぶつかると判で押したように同じ答えをしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー