1. 知的生産
  2. ITライフハック
  3. 情報収集
  4. 仕事術
  5. ライフスタイル
  6. キャリアデザイン
  7. 金融リテラシー
  8. 経済を読む
  9. メンタル&ボディ
  10. コミュニケーション術
  11. 発想力
  12. 企画力
  13. マーケティング
  14. 営業力
  15. 組織論
  16. 人脈力
  17. マナー
  18. タイムマネジメント・出張
  19. 事例・インタビュー
  20. 英語・中国
  21. 女子部
  22. 説法
  23. 恋愛リテラシー
  24. ゆとり世代

PR トピックス

ビジネス ミニTips講座

最終回 iPadを仕事に活用してみよう

 ネットブックともスマートフォンとも違う、まったく新しいジャンルのタブレットデバイス「iPad」が発売されたのは5月28日のこと。ノートPCに近い大画面ながらかばんにスッと収まる形状、そして700g前後という適度な軽さは、「ノートPCを持ち歩くほどじゃないけど外出先でもある程度の作業をしたい」という人にピッタリだ。今回は、筆者のiPad活用法を紹介する。

快適そのもののウェブブラウジング

 外出先でちょっと空いた時間に調べ物をしたり、メールをチェックする。そんな用途ならノートパソコンを持ち歩かなくとも、iPadで事足りる。iPadの画面は1024x768ドットと小型モバイルノート程度だが、画面一杯に開くウェブブラウザーはスペック以上に広々として使いやすい。目とディスプレイの位置関係が本に近いためか、ニュースサイトやブログのようにまとまった文章なら、パソコンより読みやすいと感じるほど。一つ気になるのは、iPadがFlashに非対応という点だが、実際にウェブサイトを見ていて、ページが全く見られず困った経験はほとんどない。というわけで、外出先はもちろん、自宅でのウェブブラウジングもiPadを使うことが多くなっている。

 メールソフトは、フォルダーへの自動仕分けをはじめとして、幾つか足りないと感じる機能はある。だがメインはあくまでオフィスのPCで、iPadは外出先でのビューワーと割り切ればOKだろう。広々とした画面は、iPhoneなどのスマートフォンより数段使いやすい。ソフトキーボードを使っての文字入力も、慣れるにしたがって使いやすいと思えるようになってきた。

Safariの画面。スペック以上に広々と感じる
[画像のクリックで拡大表示]
メールは、iPadを横置きにすると件名一覧とメールの内容が同時に見られて便利だ
[画像のクリックで拡大表示]

ページ: 1 / 2 / 3 /

あなたのご意見をお聞かせください

この講座のオススメ記事

PR
Associe Online はこちら Bizアカデミー 学びチャンネル
学びチャンネル