トップ > 時代を読む新語辞典 > PIGS ~EU経済のアキレス腱とされた4カ国

時代を読む新語辞典ビジネス

PIGS ~EU経済のアキレス腱とされた4カ国(1/3ページ)

2010.05.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(もり・ひろし=新語ウォッチャー)

[画像のクリックで拡大表示]
イラスト:小林大樹

 昨年末ごろから、主に英米の経済メディアなどで“PIGS”という略語がよく登場するようになった。財政状況が悪化しているポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインの4カ国を意味する略語で、とりわけ昨年末に顕在化したギリシャの財政危機問題は、世界の金融・資本市場に悪影響を与えている。ユーロ通貨圏の15カ国と国際通貨基金(IMF)による協調融資が決まるなどの騒ぎになっており、同じく財政の悪化に苦しむ日本にとっても、対岸の火事とは言えない出来事だ。

 2010年5月5日、ギリシャの首都アテネでデモ隊の一部が暴徒化。市の中心部にあった銀行に火炎瓶が投げ込まれ、行員3人が死亡する事件が起こった。このほかにも市民や警官計40人以上が負傷。建物、自動車の炎上や、商店での略奪行為もあったという。ギリシャでは過去最大規模のデモになったとの指摘もある。

 このデモは、官民の労働組合員が組織したもの。ギリシャ国会が審議を行っていた「財政再建策」に反対することが大きな目的だった。

 ギリシャなどPIGS諸国の財政赤字は、欧州連合(EU)の経済運営における大きな懸念材料となりつつある。EU諸国の中でも財政状況の良い国と悪い国とが二極化しており、後者の破綻リスクが顕在化しつつあるからだ。

 PIGSとは、欧州において財政状況が悪いとされる国家を総称する言葉だ。具体的にはポルトガル(Portugal)、イタリア(Italy)、ギリシャ(Greece)、スペイン(Spain)の4カ国を指す。日本のメディアでは「PIGS諸国」などと称する場合もある。語形が豚(pig)と一緒であることからも分かるとおり、この言葉には「当事国を批判するニュアンス」が込められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー