トップ > 西出ひろ子のマナーお悩み速攻解決! > マナーのあるメールの書き方(3)

西出ひろ子のマナーお悩み速攻解決!ビジネス

マナーのあるメールの書き方(3)(1/4ページ)

~どんなときも相手を思いやる心を忘れない~

2010.04.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月も半ばを過ぎました。

 4月は地方も含めて数々の企業の新入社員研修へ伺っています。今年の新入社員の皆さんは、大変質が良いです。

 もちろん、マナーとは何か?を最初は知りません。知らなくて当然です。しかし、弊社のマナー研修を受けることにより、マナーとは何かを知ります。

 マナーとは『心ありき』。そのマナーの『心』を知り、学び、「なぜ、このような所作をするのか?」ということを理解した上で、電話応対や来客応対、他社訪問の仕方、名刺交換の仕方などを具体的に習得していきます。

 すると、時間が経つにつれて、新人の皆さんが自発的にコミュニケーションをとって下さるようになります。受け身だった皆さんが自発的な社会人へと変身して下さいます。大変有難いことです。

 今年は研修終了時に、受講者の皆さんが音頭をとって『マナー研修、ありがとうございました!ばんざぁ~い』などと万歳三唱を行ってくださったりと、想い出に残る新人の皆さんとの出会いが多々あります。

 マナー研修とは、本来、単に電話応対の仕方などを学ぶ時間ではなく、人材を人財へと進化、成長させるために開催されるものです。

 さて、3回にわたりお伝えしてまいりましたe-mailの書き方も今回が最終回です。

 それでは、前回の続きをお伝えします。

Sさん:西出先生、ここまでの内容から、なぜお客様から「メールの書き方」についてお叱りを頂戴したのかわかってきました。

西出:そうですか。それは良かったです。しかし、そのお客様は今まで伝えたことよりも、これから伝えることが一番不快に思ったから、今までお伝えしてきたある種の“形式”にまでも気になってクレームとなったのでしょう。

Sさん:え?今までの内容以上にもっと大切なことがあるんですか?

西出:はい。それは、伝えたいことを伝えるときの“言い方”です。

 Sさんが送信した内容をよく読み返してみましょう。

 Sさんは、なぜこのe-mailを斉藤さんへ送信したのですか?

Sさん:なぜ?

From: aaaaa@bbbbb.cc.jp
Subject: 広告の件
Date: 2010年 3月 17日 9:24:20 JST
To: saiton@ccccc.dd.jp

斉藤さま

拝啓 おはようございます。

先日は色々と楽しいお話しありがとうございました。

広告の原稿頂きました。

文字化けしているので再度お送り下さい。

宜しくお願いします。

                         敬具
********************************************************
●○会社 ●○部
日経太郎
〒100-0000 東京都●○区○○1-1-1
TEL:03-1111-1111 FAX:03-1111-1112

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー