Info
BizCOLLEGEのフェイスブックページはこちら。メルマガもよろしくお願いします。登録はこちらから。

西出ひろ子のマナーお悩み速攻解決!

マナーのあるメールの書き方(1) (2/4ページ目)

  • 2010.03.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西出:はい。ありがとうございます。

 マナーのあるe-mailの書き方は、まだまだ普及していないのが現状と感じます。

 まず最初にToの書き方です。Toの欄には相手のe-mailアドレスを書きますね。

 e-mailは日本語にすると電子手紙。一般の手紙を出すときには、住所と名前を書きます。このとき、相手の名前には“様”“御中”などの“敬称”を必ずつけます。

Sさん:はい。

西出:このように考えるとe-mailのときも、Toに敬称をつけるのが相手に失礼のないe-mailの書き方となりますので、次のように書きます。

To 日経BP社_日経太郎様 <saiton@ccccc.dd.jp>
   社名   名前   e-mailアドレス

Sさん:えー、先生、これ、実際にはどのような作業をすればいいのですか?

西出:はい。もし、先方からのe-mailに返信をする場合は、Toの欄に自分で 日経BP社_日経太郎様 と打ち込みます。

 それから、メールアドレスを < > で括ります。

Sさん:そうなんですね。いやぁ。

 今までこんなことしたことがありませんでした。

西出:また、e-mailのアドレス帳に登録をしている場合も、敬称をつけていないと名前だけの表示になってしまうので、相手を呼び捨てにしたまま送信することとなり、相手に失礼なんです。

前へ 1 2 3 4

西出ひろ子のマナーお悩み速攻解決!

バックナンバー

バックナンバー一覧へ