1. 知的生産
  2. ITライフハック
  3. 情報収集
  4. 仕事術
  5. ライフスタイル
  6. キャリアデザイン
  7. 金融リテラシー
  8. 経済を読む
  9. メンタル&ボディ
  10. コミュニケーション術
  11. 発想力
  12. 企画力
  13. マーケティング
  14. 営業力
  15. 組織論
  16. 人脈力
  17. マナー
  18. タイムマネジメント・出張
  19. 事例・インタビュー
  20. 英語・中国
  21. 女子部
  22. 説法
  23. 恋愛リテラシー
  24. ゆとり世代

PR トピックス

西出博子のマナーお悩み速攻解決!

マナーのあるメールの書き方(1)(2/4ページ目)

西出:はい。ありがとうございます。

 マナーのあるe-mailの書き方は、まだまだ普及していないのが現状と感じます。

 まず最初にToの書き方です。Toの欄には相手のe-mailアドレスを書きますね。

 e-mailは日本語にすると電子手紙。一般の手紙を出すときには、住所と名前を書きます。このとき、相手の名前には“様”“御中”などの“敬称”を必ずつけます。

Sさん:はい。

西出:このように考えるとe-mailのときも、Toに敬称をつけるのが相手に失礼のないe-mailの書き方となりますので、次のように書きます。

To 日経BP社_日経太郎様 <saiton@ccccc.dd.jp>
   社名   名前   e-mailアドレス

Sさん:えー、先生、これ、実際にはどのような作業をすればいいのですか?

西出:はい。もし、先方からのe-mailに返信をする場合は、Toの欄に自分で 日経BP社_日経太郎様 と打ち込みます。

 それから、メールアドレスを < > で括ります。

Sさん:そうなんですね。いやぁ。

 今までこんなことしたことがありませんでした。

西出:また、e-mailのアドレス帳に登録をしている場合も、敬称をつけていないと名前だけの表示になってしまうので、相手を呼び捨てにしたまま送信することとなり、相手に失礼なんです。

ページ:  / 1 / 2 / 3 / 4 /

この講座のオススメ記事

PR
Associe Online はこちら Bizアカデミー 学びチャンネル
学びチャンネル