トップ > ビジネスメールの上手な書き方・使い方 > 大事なメールを見逃さない秘訣

ビジネスメールの上手な書き方・使い方ビジネス

大事なメールを見逃さない秘訣(1/8ページ)

2010.03.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回、「メールはあなたのビジネス力をうつす鏡です」というお話をしました。 メールについての失敗や不安な点など、思い当たるところはありましたか? 2回目の今回は、メールボックスの中の現状と開封率を上げるための工夫についてお話していきます。ここを確認するだけでもメールの業務効率はアップしますのでぜひ実践してみてください。

メールを処理していく順番

 「さあ仕事を始めるぞ!」と思いパソコンを立ち上げたとき、受信したメールの数を見てうんざりしたことはありませんか?どこからか送られてくるのか大量の迷惑メール、読む時間がなくたまっていくばかりのメルマガ、参加するプロジェクトの数だけ増えていくCC、BCCのメールなど。受け取るメールの数は増える一方です。

 メールが届かない、送ったのに返信が来ない、間違えて削除してしまった、迷惑メールフォルダに迷い込んでいた、探してもすぐに見つからない。このような話もまだまだあり、小さなトラブルは日常茶飯事のようです。ビジネスは限られた時間の中で最大のパフォーマンスを発揮することが求められます。これでは大切な時間を無駄にしてしまい、業務に支障が出る日も近いでしょう。

 3月は年度末の業務が増え、一年で最も忙しい時期のひとつです。膨大なメールの中から業務に必要なものを探し出し、ひとつでも早く処理をしていくためには、まず、大切なメールを見失わず拾い上げる(上げてもらう)ことが重要課題になります。

 ちなみに、人はどういう順番でメールを処理していくと思いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー