トップ > 臼井流「最高の結果を出す人の話し方」 > こじれた人間関係を修復するための会話術

臼井流「最高の結果を出す人の話し方」ビジネス

こじれた人間関係を修復するための会話術(1/6ページ)

2010.02.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疎遠になっている方はいませんか

 人間関係は、いつもうまくいく時ばかりではありません。

 日ごろは仲のいい友人や古くからの知人であっても、ささいなことが原因で、気持ちが離れたり、ちょっとした誤解から会わなくなってしまったり。

 あなたにもそうした方が、一人や二人は、いらっしゃるのではありませんか?
相手に距離を置くべき理由があるのならば、今は会わない方がいいでしょうが、あなたに誤解を生む原因や思い当たる節があるのならば、おそらく気になって仕方がないはず。

 何とかして、あの方に会いたい。

 会って誤解を解きたいと、思うでしょう。

 しかし、一度途切れてしまった縁をつなぐのは難しいものです。

 お互いに連絡先やメールアドレスも、分かっている。

 相手の勤め先は、自宅からすぐ近く。

 もしかしたら、ばったり出会うこともあるかもしれない…。

 そう思いながら、ダラダラと時間だけが過ぎていく。

 これは、私の経験です。

 「お久しぶりです。お元気ですか?」

 気軽に声をかければ、そこから会話が生まれて、元のような付き合いが始まるかもしれません。

 「でも…私のことを嫌っているのかもしれない」とか

 「急に連絡を取れば、何か魂胆があるのかと思われはしないか?」と。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー