トップ > フロントランナー > いい写真をしっかり撮ってもらいたい
「道具感」にこだわって開発する

フロントランナービジネス

いい写真をしっかり撮ってもらいたい
「道具感」にこだわって開発する(2/3ページ)

リコー ユニット交換式コンパクトデジカメ「GXR」(2)

2011.01.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真にこだわる人に使ってもらいたい

——他社のコンパクト一眼に搭載されている顔認識やアートフィルターといった機能は採用していませんね。

福井 まずは撮影に必要最小限の機能でいいと考えました。今回、初めて「カメラユニット」方式を採用したわけですが、あれもこれもと機能を入れていくと、このシステムをわかりにくくしてしまう。使いやすく、良い写真がしっかり撮れるようにすべきで、世の中ではやっている機能を搭載し、それを売りにすることはこのカメラではしない。これが開発陣の一致した意見でした。写真にこだわりのあるユーザーに使ってもらいたいという意思をはっきりと打ち出したかったし、またそれによって受け入れてもらえるとも思っていました。

 私たちはGXRを「道具」と読んでいます。「いい写真を撮る道具」。これは、リコーのすべてのカメラに言えるのですが、「道具感」を大切にするため、デザインのためのデザインや不必要な機能は採用したくなかったんです。すべてに意味があるカメラを作ることが、当初からコンセプトとしてありました。もちろん、今後ユーザーから要望があったり、「カメラユニット」を展開していく中で必要であれば、アートフィルター的なものを追加していく可能性はあります。

焦点距離24-72mm(35mm判換算)、F2.5-4.4の「RICOH LENS S10」(1000万画素、手ぶれ補正機能付き)を取り付けたGXR。イメージセンサーは1/1.7型と呼ぶ7.4×5.5mmのサイズを採用。被写界深度が大きいため、風景やスナップ撮影などに向いている

——GXRはリコーのデジカメのフラグシップという位置づけですか。

福井 フラッグシップという表現が正しいかどうかわかりませんが、重要な一台を選べといわれたら、それはGR DIGITALシリーズだと思っています。GR DIGITAL IIIでは、F1.9という明るいレンズを採用していますし、ノイズの従来に比べて低減しています。撮りたいときに最高の写真を撮れるという点では完成系のカメラであると考えています。

 ただ、得意ではない分野もあります。焦点距離28mmの単焦点なのでズームは使えないし、イメージセンサーが小さいので背景をキレイにぼかせない。それを補完するようにGXRが生まれたわけで、基軸はGR DIGITALにあると思うんです。

「GXRはGR DIGITALの上位機種ですか」と聞かれることもありますが、私はGXシリーズの延長線に位置するものだと思っています。GR DIGITALは単機能に絞り込んだもので、切れ味の鋭さを持つイメージです。GXはGR DIGITALほどのソリッドさは持っていないけれど、GR DIGITALにはないズーム機能などを備え、拡張性や使い勝手を追求しています。単機能ではないGXRは、GXシリーズに近いんです。

 リコーはかつて「XR」という銀塩フィルムの一眼レフカメラを生産していました。GXRはレンズを交換するので、XRのイメージがでてくる。だから、GXとXRを合わせてGXRという名前になっていると説明をすることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー