トップ > フロントランナー > 「モンスター」と呼ばれる液晶テレビ
新たなテレビ革命に挑戦する

フロントランナービジネス

「モンスター」と呼ばれる液晶テレビ
新たなテレビ革命に挑戦する(5/5ページ)

東芝 新液晶テレビ「CELL REGZA」(1)

2009.12.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高級オーディオシステムの音以上に感動した

——高画質を加速する音とは、具体的にはどのようなものですか。

本村 先ほどもお話ししたように「CELLレグザ」の画質はピーク輝度とダイナミックコントラストがすごくて、非常に精細感が際立っています。この画を具現化するためには、やっぱり眠たい音ではなくて、固い音で低音をしっかりと出さないといけない。一方、高音はきっちり伸びて、立ち上がりが良い音を目指しています。

 私は数百万円するオーディオシステムの音をAV評論家に聞かされることがありますから、金をかけるとどんな音になるのかは知っています。もちろん、その音とケンカするつもりはありません。ただ、テレビからとてもクオリティーの高い音が出たときに、高級オーディオシステム以上に感動しました。画と共に出てくることで、感動が増したんですね。想定外の音の良さに驚いたほどでした。

8センチ・ウーファー(低音用)を4個、3センチ・ツィーター(高音用)を3個搭載するスピーカー(下、上はその断面)。ウーファーの出力は20W+20W、ツィーターは10W+10W。番組内の音楽やナレーション、CMなどを検出して、最適な音質に調整する機能を持つ

(敬称略)

次回へ続く)

林田 孝司(はやしだ・こうじ)
林田 孝司(はやしだ・こうじ)

 主なフィールドは、「車、住宅、政治経済、デジタルグッズ」と執筆分野を問わない雑食系ライター。有名無名を問わず、様々なジャンルで活躍する人たちの取材をライフワークとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー