トップ > 田原総一朗の政財界「ここだけの話」 > 田原総一朗:矛盾が噴出する民主党に
なぜ高い支持率?

田原総一朗の政財界「ここだけの話」ビジネス

田原総一朗:矛盾が噴出する民主党に
なぜ高い支持率?(1/6ページ)

2009.11.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 民主党が政権を取って2カ月。不慣れなせいもあるだろうが、ひと言で表せばガタガタだ。

 矛盾がたくさん噴出している。

 だが、なぜ支持率が落ちないのか。

 例えば11月24日付の産経新聞の調査でも支持率は上がっている。

 産経新聞は最も民主党に対して批判的な新聞だ。この産経でさえ前回よりもなぜか支持率が上がり、他紙もすべて60%台を維持している。

「ガタガタ」民主 これだけの理由

 なぜ支持率は落ちないのか。

 これがジャーナリストなどプロの中では、いわば疑問となっている。

 では、どこがガタガタなのか。

 前回(11月19日「鳩山、オバマの間にある三つの重大なズレ」)でも述べたが、例えば普天間の米軍基地移設問題だ。

 最初、民主党は移設先を国外か、少なくとも県外と言っていた。だが実際には県内、それも辺野古に落ち着く可能性がある。

 そうなると、これは沖縄県民に対する裏切り行為と言えるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー