トップ > 世界のユニークビジネス > 収入のない学生が教科書を買えるのか?
疑問が「教科書レンタル」に結実

世界のユニークビジネスビジネス

収入のない学生が教科書を買えるのか?
疑問が「教科書レンタル」に結実(1/6ページ)

2009.10.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩澤 里美=ユナイテッドフューチャープレス)

 学生時代の教科書を大事にとっておく人はほとんどいないだろう。単位取得のために一定期間使うだけだからだ。しかし教科書の値が張るのは日本もアメリカも同じ。なるべく支出を抑えたい。それなら買わずにレンタルしてはどうか。節約したいアメリカの学生たちのニーズに対応した「教科書レンタル」サービスは、「教科書が高い」と思った創業者のアイデアが根底にある。

240万タイトルをレンタル

 カリフォルニア州サンタクララのChegg.comは、ハワイやアラスカも含めて全米の学生に教科書をレンタルする。全学科で使われている教科書240万タイトルを扱う。

Chegg.comのトップページ(写真提供はすべてChegg.com)

 レンタルによって学生が高い教科書代を大幅に節約できるというコンセプトは画期的だった。アメリカでは最近、出版社や大学書店も教科書レンタルサービスを始めるようになっていて(New York Times2009年8月13日付記事参照)、Chegg.comは先駆者となった。

 大学、短大、地域に根ざしているコミュニティーカレッジの全国6400校から利用者がある。先週10月2日、Chegg.comは今年のレンタル利用者が100万人を超えたと発表した。同社によれば、合計4400万ドル(1ドル90円で計算、約39億6000万円。執筆時)以上が節約された計算になるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー