トップ > 松本すみ子の団塊消費動向研究所 > 中高年のシングル男性市場

松本すみ子の団塊消費動向研究所ビジネス

中高年のシングル男性市場(1/3ページ)

独り者向けサービスの開拓

2009.09.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 離婚全体が減少するなかで、熟年離婚だけが増加傾向にある。そのせいもあってか、中高年男性のシングルが増えているという。そうした男性シングルへのサービスはほとんどない。であれば、彼らの不便や不満の解決策を提供することは、ビジネスとして成り立つ可能性がある。さらに、地域社会での高齢問題解決へのサポート事業としても有望なのではないだろうか。

50代・60代男性の4人に1人がシングルの時代へ!

 気になるレポートを見つけた。中高年男性の単身世帯が増加しているというのだ。レポートは、みずほ総合研究所の「単身世帯の増加と求められるセーフティネットの再構築」で、2008年12月に発表された。まずは、その内容をかいつまんで説明したい。

 日本では1985年以降、単身世帯の増加が顕著になった。1985年と2005年を比べると、80歳以上の年齢層では男女ともに5~7倍に増えた。ただ、これは長寿ということもあり、ある程度予想された傾向といえる。注目すべきなのは、50代と60代の男性の単身世帯が4~5倍に増えていること。特に、男性50代で3倍に増えていることだ。まだ高齢者とは言えない層で増えているというところに問題がある。

 理由として考えられるのは、まず、人口の多い団塊世代が中高年になったこと。それだけなら「人口要因」として片付けられるのだが、「未婚」と「離別(離婚)」も増加傾向だ。レポートでは特に、「未婚」を問題視している。「未婚」とは生涯で一度も結婚をしないこと。50代男性の未婚は今後も増加する傾向にあり、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、05年には12.0%だったものが、30年には27.7%にまで高まるとされる。 「離別(離婚)」に関しても、こんな統計がある。厚生労働省の人口動態統計の離婚統計によると、2002年をピークに離婚全体は減少しているにもかかわらず、熟年離婚は増えている。同居後20年以上の夫婦の離婚は1975年に全体の6%だったが、2008年には15%となった。件数も、同居5年未満や5~10年未満の若い夫婦に次いで多い。

 国立社会保障・人口問題研究所は2005年から2030年の25年間で単身世帯数は26%増加し、男性60歳以上は2倍に、50代と60代の男性のほぼ4人に1人が単身者になるという予測もしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー