トップ > 坂口菊恵「男と女の付き合い学」 > 男と女の付き合い学:こんなに違う?! 男女の感じ方

坂口菊恵「男と女の付き合い学」ビジネス

男と女の付き合い学:こんなに違う?! 男女の感じ方(1/4ページ)

2009.09.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真:田村 充)

(前回記事はこちら

坂口菊恵氏

 今回は男性と女性だと、コミュニケーションの中に含まれる性的な意図の感じ方が違うということについてお話したいと思います。

 まず、これは実社会での話。1998年11月、北米に多くの店舗を構えるスーパーマーケットチェーン“Safeway”が、店員たちから訴えられるという事態が起こりました。この年、Safewayは“上質顧客サービス”なるプログラムを採用し、店員は必ずお客さんとアイ・コンタクトをしてほほ笑むように、そして「ありがとうございます、○○さん」と名前を呼ぶように義務づけられたのです。

 結果はどうなったと思いますか? 女性店員に親しげに振る舞われた男性客の中には、このサービスを自分に対する性的な好意と勘違いする者が続出しました。女性店員に性的なコメントをしたり、「セックスをさせろ」というメモ書きを握らせたり、挙げ句の果てには店員を襲ったりストーカー行為をはたらくような人まででてきました。

 男性は、女性の友好的な振る舞いを、自分に対する性的な関心と勘違いしやすいという例です。このケースでは女性店員が状況に応じて親しげな振る舞いを控えるという選択が許されていなかったため、男性客による勘違いがエスカレートするのを止めるすべが無かったのです。

男女での性的な意図の読み違いを実験で検証

 こうした男女での性的な意図の読み違いを、実験的にも検証した研究結果がいくつかあります。そのうちの一つをご紹介します。

 女子学生が男性教授の研究室を訪れて、期末レポートの提出期限を延ばしてもらえないか相談しているという場面をビデオに納めます。双方とも友好的に振る舞ってはいますが、誘惑的であったり性的であるような態度は見せません。実はこの「学生」も「教授」も研究者の用意した役者なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー