トップ > ニッポンを伝える人たち > こんなに楽しい三味線
知らなきゃ触れなきゃ、もったいない

ニッポンを伝える人たちライフ

こんなに楽しい三味線
知らなきゃ触れなきゃ、もったいない(4/5ページ)

初心者&旅行者向け三味線教室主催 久美弥さん(2)

2009.06.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のターゲットは日本の若者

 これからは、友達の家やパーティー、友人の結婚式など、ちょっとしたところにも、もっと気軽に三味線を持って出かけたいという。

 「今まで、三味線の良さに自信はあっても、自分のスキルに自信がなかったから、音を聞かせて広めるという自信がなくて……。第一印象って大切ですからね」

 初めて見た時にすごいと思ったら気持ちが向くものだが、その「すごい!」を見せる自信のないもどかしさがあった。しかし、上達してきたこともあり、最近は少し気持ちも変わってきている。

 「『すごい』は見せられないけど、『楽しいよ』っていうのを見せるのはだんだんうまくなってきたかな、と」

 季節や天気を考えながら調弦し、さまざまな弾き方ができて弾きながら歌う楽しさ。曲によっては粋な暮らし方や地方性を垣間みられる……など、言い尽くせない三味線の奥深さを一緒に楽しめたら、という。今では、友達や遊びにきた家族を連れてくる生徒もいる。

外国人が集まるレストランバーの「The Pink Cow」で行われる「ジャパニーズ・ラウンジ・ナイト」では司会も。英語を話したい日本人客も訪れる
[画像のクリックで拡大表示]
「ジャパニーズ・ラウンジ・ナイト」をはじめたところ、邦楽を愛する若い人たちの輪が広がった。袴姿のシシドさんも久美弥さんのように外国人に教えている
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー