1. 知的生産
  2. ITライフハック
  3. 情報収集
  4. 仕事術
  5. ライフスタイル
  6. キャリアデザイン
  7. 金融リテラシー
  8. 経済を読む
  9. メンタル&ボディ
  10. コミュニケーション術
  11. 発想力
  12. 企画力
  13. マーケティング
  14. 営業力
  15. 組織論
  16. 人脈力
  17. マナー
  18. タイムマネジメント・出張
  19. 事例・インタビュー
  20. 英語・中国
  21. 女子部
  22. 説法
  23. 恋愛リテラシー
  24. ゆとり世代

PR トピックス

ネットシーカーズ

マウスを近づけるだけで使える無料辞書ソフト

キングソフト辞書
http://www.kingsoft.jp/dictionary/

(池田 豪彦)

 「オンラインでもオフラインでも使える無料の辞書ソフト」。キングソフトが、そんな触れ込みのソフトの提供を始めた。辞書ソフトの類はこれまでもたくさん存在しているが、「キングソフト辞書」は“高機能なのに無料”なのがポイント。少ないアクションで言葉の意味や翻訳ができる便利なものだ。

 このソフトにはいろいろな機能があるのだが、誰もがすぐにその便利さを体感できる機能は、マウスオン辞書とハイライト翻訳の2つだろう。マウスオン辞書は、マウスポインターと重なった個所の単語の意味を表示してくれる機能で、ブラウザー上だけでなく、PDFやテキストエディターなど、文字のある場所ならオンライン/オフラインを問わずどこでも利用可能だ。「単語をコピーして辞書サイトで調べる」といった手間をかけず、ユーザーはマウスポインターを合わせるだけで英和/和英/国語辞書の項目を調べられる。

 ただ、デフォルトの設定だと、本当に単語とマウスポインターが重なるだけでマウスオン辞書が逐一反応してしまうため、次第に煩わしく感じる可能性も否めない。そんなときは好みに合わせて「Ctrl+マウスオン」「Alt+マウスオン」「Shift+マウスオン」「マウスホイール」と、設定も変えられるので安心だ。

 ハイライト翻訳は、翻訳したい部分をドラッグするだけで結果が表示される機能。翻訳にはGoogle翻訳を使用している。こちらも翻訳サイトにいちいち飛ぶ必要がなく、気軽に日本語訳・英語訳・中国語訳を調べられるという抜群の手軽さだ。これをうまく使えば「日本語以外のサイトはちょっと……」と感じていた人でも、海外サイトを読んでみようという気になるかもしれない。

 ほかにも調べた単語を登録できる「単語帳」機能、単語帳に登録した単語をデスクトップ上に表示する「ラーニングバー」機能など、“調べる”だけでなく、“学ぶ”ための機能も用意されている。勉強のつもりで英語サイトを読んでいる人にとっても、試す価値のある辞書ソフトと言えそうだ。

池田豪彦(いけだ・たけひこ)
Narinari.comの代表。大学4年のときにNarinari.comを開設し、デジタルハリウッド、フリー、Yahoo! JAPANを経て、再びフリーで活動。Yahoo! トピックスでの経験を活かしながら、Narinari.comの運営やソーシャルネットワーク「mixi」のニュースアドバイザーを担当中。毎日更新が信条のため、一日たりとも家を空けることができず、旅行などに行けないのが悩み。食べることがとにかく好きな食いしん坊のため、Narinari.comの運営にもその嗜好が色濃く反映されている。
コメント送信フォーム
あなたのご意見をお聞かせください


コメント投稿に関するご注意
日経BP社は、読者の皆様からの投稿の内容につきまして、その信頼性、適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合も、日経BP社は一切、責任を負いませんので、皆様の自己責任においてご利用ください。
トラブルを避けるためにも、ご自身を特定できる情報を書き込まれないことを強く推奨いたします。
投稿していただいたコメントは、編集部が査読した上で公開します。即時公開はされません。また、明らかな間違いや不適切な表現があった場合、原文の意図を損なわないと思われる範囲内で変更をさせていただく場合があります。内容がふさわしくないと判断した場合、公開後でも削除する場合があります。

この講座のオススメ記事

PR
Associe Online はこちら Bizアカデミー 学びチャンネル
学びチャンネル