トップ > 世界のユニークビジネス > 跳ねて踊って20ワットも発電できる!
ナイトクラブで省エネを楽しもう

世界のユニークビジネスビジネス

跳ねて踊って20ワットも発電できる!
ナイトクラブで省エネを楽しもう(1/7ページ)

2009.02.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(シュピッツナーゲル典子=ユナイテッドフィーチャープレス)

 「エネルギーを提供してください! 踊って跳ねてもっと発電しましょう!」…。踊るとその振動エネルギーが床パネルを通して発電作用を起こすという、ユニークなダンスフロアがオランダのナイトクラブに登場した。踊れば踊るほど効果は上がり、1人で2ワットから20ワット発電できるという。
 スポットライト、にぎやかな音楽、DJ(ディスクジョッキー)など省エネとは無縁と思われるクラブで、踊りながら発電し、エネルギーを節約できるとは一体どんなものなのか? ヨーロッパでも最先端の環境対策を実施するオランダで考案された、楽しみながら節電に取り組めるビジネスアイデアを紹介する。

40ワットの電球分を2~3人で踊って発電

 オランダ・ロッテルダムに本拠を置くサステナブルダンスクラブ社(以下SDC)は、持続可能な建築物と組織を目指す顧客に“グリーン”コンサルティングサービスを提供する。具体的には、環境に配慮した製品開発、イベントマネージメントに関するコンサルティングで、対象は、若年層の客が多く集まるクラブやイベント会場だ。

「ワット」オ-プニング当日、踊る若者たち。このダンスフロアに発電機能がある(写真=Marc Nolte)
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー