トップ > ビジネスパーソンの迷惑メール対処術 > 検索すると危険な著名人は「ブラッド・ピット」

ビジネスパーソンの迷惑メール対処術ビジネス

検索すると危険な著名人は「ブラッド・ピット」(4/4ページ)

2008.09.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 それでは、ウイルス対策ソフト(危険サイトの検出機能付きの総合セキュリティソフト)を常備するほかに、どのような対策ができるだろうか?

 1つ目は、検索エンジンの検索結果一覧をいきなりクリックするのは止めて、身元が確かなサイトかどうかを確認することだ。身元が不確かなサイトの場合には、自分に代わって内容や安全性を確認してくれるサービスで調べるとよさそうだ(関連記事)。

 2つ目は、メールで届いた著名人がらみの情報のURLも同じ手順で調べる。友人から届いたメールだとしても、迷惑メールなどで得た怪しい情報源のURLである可能性があるので、同じ方法でチェックした方がよいだろう。

 3つ目は、身元が確かでないサイトでメールアドレスなどの個人情報を求められたら、そのサイトの利用はきっぱりあきらめた方が賢明だ。

 筆者の場合は、ゴシップ情報に関しては、身元不明サイトで写真や映像をダウンロードしない、メールアドレスなどの個人情報の提供はしないことに決めている。迷惑メールで届くようなゴシップ情報の真偽は、2~3日もすれば参加者の多いWeb掲示板やブログに載ることが多い。それを検索エンジンで探して読めば十分に楽しめる。

須藤 慎一
本業は通信や情報機器のプランナー/ライター。企業を訪問して事例を取材するのが大好き。ライフワークとして迷惑メール対策にも取り組んでいる。
http://www.ipaco.co.jp/prof/
須藤 慎一(すどう・しんいち)
須藤 慎一(すどう・しんいち)

 本業は通信や情報機器のプランナー/ライター。企業を訪問して事例を取材するのが大好き。ライフワークとして迷惑メール対策にも取り組んでいる。
http://www.quixotia.com/profile.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの意見を表明してみませんか? ログイン or 会員登録 でコメント投稿ができます。

コメント投稿に関するご注意
日経BP社は、読者の皆様からの投稿の内容につきまして、その信頼性、適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合も、日経BP社は一切、責任を負いませんので、皆様の自己責任においてご利用ください。
トラブルを避けるためにも、ご自身を特定できる情報を書き込まれないことを強く推奨いたします。
投稿していただいたコメントは、編集部が査読した上で公開します。即時公開はされません。また、明らかな間違いや不適切な表現があった場合、原文の意図を損なわないと思われる範囲内で変更をさせていただく場合があります。内容がふさわしくないと判断した場合、公開後でも削除する場合があります。
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー