トップ > 最新号の紹介 > 日経ビジネスアソシエ 2011年6月21日号

最新号の紹介お知らせ

日経ビジネスアソシエ 2011年6月21日号

(2011年6月7日発売)

2011.06.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特集

■ 仕事に効く!

数学入門

数学はとってもロジカルです。論理的思考力が問われ、問題を解くには理路整然とした筋道が必要です。だからこそ、数学はビジネスと相性がいい。「顧客や上司を説得できる力をつけたい」「仕事の課題を速く、効率的に解決できるようになりたい」―。そう願う人にとって、数学は最良の“武器”になります。もしかすると、「日常の仕事に使える」という意味で、数学は英語以上に役立つかもしれません。この特集は、読み進むうちに、ビジネスパーソンに必要な数学の基礎が自然と頭に入るように作りました。さあ、“頭の筋トレ”を始めましょう。

特集

■ “節電仕様”の働き方で効率アップ

暑い夏をCoolに乗り切る!

 この夏、日本の人口の4割以上を占める東京電力と東北電力の供給エリアで「15%節電」が行われる。浜岡原子力発電所を停止する中部電力エリアでも節電が叫ばれている。

 節電対策は仕事に大きな影響がある。例えば多くの企業が行うと宣言している、エアコンの温度設定の厳格化や使用時間の短縮だ。以前から残業時間にエアコンを完全に止めている、ある中央省庁の職員は「夏は熱気と汗の気持ち悪さが重なって思考がぼやけ、単純な単語が思い出せないほどになってしまう」とぼやく。

 しかし、節電対策の組み立て方次第では、必ずしも設定温度を上げる必要はない。仕事時間の見直し、服装や水分補給など、空調以外に意識すべきポイントはいくつもある。

 節電を行うエリアの人はもちろん、それ以外の人も、この夏は仕事スタイルを考え直す好機だ。「限られた電力をうまく使い、できる限り快適に仕事をする」ために必要な知識と方法を見ていこう。

(イラスト:日の友太)
ロングインタビュー
(写真:木村 輝)

周りを気遣い、お互いに支え合う
「弱者を支える社会」を生み出すべき

湯浅 誠 氏
内閣官房 震災ボランティア連携室長

「店長」図鑑
(写真:尾関裕士)

電話の声からニーズをつかむ。
それには、お客様の不安に寄り添うことが大切です。

長谷部 杏子 氏
サントリーウエルネス
お客様センター 研修リーダー

ニュースのキーパーソン
(写真:山田勉/アフロ)

飽くなき人間観察で世界へ
震災後に問う「家族の絆」

是枝 裕和 氏
映画監督

即効! スキルアップ講座

■ 戦略的巻き込み術

【第4回】部下や後輩に快く動いてもらう方法

■ Facebook仕事術

【第4回】新機能「クエスチョン」の使い方

■ 美文字トレーニング

【第4回】文字を「丁寧」に見せる7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 登録変更 ログアウト
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー