このページの本文へ
ここから本文です

第一三共、降圧剤のオルメテックが米国シェア3位に

2005年11月9日

三共が創製したアンジオテンシンII受容体拮抗剤(ARB)の「オルメテック」(一般名:オルメサルタンメドキソミル)が、世界的に売り上げを順調に伸ばしており、米国では新規処方せんシェアでベスト3入りを果たしたことが明らかになった。2005年11月8日に開催された中間決算説明会で、第一三共の庄田隆社長が報告した。オルメテックは現在32カ国で発売され、05年度の売り上げ見込みは883億円。シェア拡大は「強い降圧効果が評価されたため」と庄田社長は説明した。


ARBは、ACE阻害剤と同等の有効性をもちながら副作用が少ないことなどから、世界的に急速に処方が伸びている降圧剤。国内でも、04年度の医療用医薬品売上高の第2位(ブロプレス)と第3位(ディオバン)をARBが占めるなど収益性は高く、プロモーション活動も加熱している。また、慢性心不全や糖尿病性腎症などの適応症拡大が見込まれ、世界各地で大規模臨床試験が実施されている。


日経バイオテク・オンラインから


◎日経バイオテク・オンラインは、バイオテクノロジー分野の最新ニュースを提供する会員制の有料サービスです。nikkeibp.jpではその一部をご紹介しています。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る