このページの本文へ
ここから本文です

ファストフードの人気メニューNo.1は「てりやきマックバーガー」---消費者400人調査

2004年3月15日
 最も利用されているファストフードは「マクドナルド」、消費者の「お気に入り商品」ナンバーワンは「マクドナルド」の「てりやきマックバーガー」――こんな結果がインターネット調査会社・インフォプラントの消費者400人調査で明らかになった。

 「よく利用する店」については、「マクドナルド」(回答数359人、複数回答)「モスバーガー」(同221人、同)が他を大きく引き離した。お気に入りの商品の有無を尋ねた問いには、53%が「ある」と回答。その商品を挙げてもらったところ、回答数の多い方から順に、「てりやきマックバーガー」「フィレオフィッシュ」「ベーコンレタスバーガー」(以上マクドナルド)「テリヤキチキンバーガー」「モスバーガー」(以上モスバーガー)となり、上記2チェーンの商品が並んだ。

 「ハンバーガーチェーンを利用するとき、味と価格どちらを重視するか」の問いに対しては、「美味しさ」(20%)「どちらかといえば美味しさ」(26%)「どちらともいえない」(20%)「どちらかといえば安さ」(22%)「価格の安さ」(12%)と意見が分かれたが、「味」に比重を置く人が若干多いという結果だった。

 「ハンバーガーに高いお金を払う気にはならない」(29歳主婦)という声がある一方、「多少高くても美味しい方がいい」(31歳会社員)という意見は多かった。ファストフードといえど、「味志向」「本物志向」になりつつあるようだ。その傾向は、最近、ファストフードチェーン各社が素材や味にこだわった高級ハンバーガーを開発、商品化しており、その人気が高いことからもうかがえる。

(日経レストラン2月号「ニュース」より)
ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る