このページの本文へ
ここから本文です

三菱電機、グリーン購入法の基準をクリアしたエアコンを発売へ

2003年11月27日
 三菱電機は、グリーン購入法の基準をクリアし、梱包剤などの廃棄物を極力削減したビル用マルチエアコン「シティマルチ Y ECO」16機種を04年4月中旬から発売すると発表した。

 「シティマルチ Y ECO」には、新開発のDCブラシレス圧縮機を搭載することで、消費電力あたりの加熱・冷却能力を表す指標であるCOPがグリーン購入基準法で定められている平均3.07を上回る。中でも、10馬力タイプでは、COPが3.71と、業界トップの省エネを達成しているという。

 また、オゾン破壊係数ゼロのHFC(ハイドロフルオロカーボン)系冷媒を採用。さらに、冷媒配管のスリム化により、冷媒配管使用量を低減し、梱包でも木枠を使わないなどの配慮をしている。(日経エコロジー、EMF)

■関連情報
三菱電機のWebサイト
ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る