このページの本文へ
ここから本文です

日本HP、実売で2万円を切る小型プリンター複合機

2003年2月26日
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2003年2月26日、フラットベッドスキャナー、コピー、プリンターの機能を一体化したコンパクトサイズのプリンター複合機「hp psc 1210」を発表した。フラットベッドスキャナー搭載のオールインワン型としては世界最小という。価格はオープンで、実売価格は1万9800円前後の見込み。3月中旬から販売する。

 プリンターはインクジェット方式で、4色インクカートリッジを採用。顔料系モノクロインクにより、テキスト印刷の品質はレーザープリンターに匹敵するという。解像度は最高4800×1200dpi。印刷速度はモノクロ毎分12枚、カラー毎分10枚。用紙サイズは最大A4判またはレターサイズで、はがきにも対応する。給紙トレイは普通紙100枚、はがき30枚までセットできる。

 フラットベッドスキャナー部は光学解像度600dpiで、RGB各色12bit入力に対応する。出力は各色8bit。最大A4またはレターサイズまでのスキャニングが可能。プリンター機能と合わせて、パソコンの電源を入れることなく単独でカラーコピー機として使える。またこの場合、電源を入れてからウォームアップ時間約2秒で利用可能になる。

 インタフェースはUSB 2.0を採用。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以降およびMac OS X 10.1以降。独自の前面給排紙機構で、背面給紙トレイなど余分なスペースを取らない。机の隅や壁際でも設置できる。本体サイズは幅426×奥行き259×170mm(トレイ収納時)、重さは4.31kg。(鴨沢 浅葱=Infostand)

■問い合わせ先
・日本HP hp directplusコールセンター 電話03-5304-6777

■関連情報
・日本HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/
ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る