このページの本文へ
ここから本文です

インフォシーク、最新ニュース配信する掲示板ツール

2002年8月1日
 インフォシーク(本社:東京都目黒区)は2002年8月1日、総合ポータルサイト「インフォシーク」(http://www.infoseek.co.jp/)において、電光掲示板フリーウエア「infoseekティッカー Ver1.0」(http://ticker.infoseek.co.jp/)の配布を開始した。個人ホームページに貼り付け、インフォシークが配信する最新ニュースや時事情報を電光掲示板上で文字表示できる。

 電光掲示板には通信社や一般紙などのWebサイト、スポーツ紙などからピックアップした約15本の最新ニュースの見出しを流す。また、インフォシークのトップページのニュース見出しが更新されるたびに、掲示板の見出しも変更する。

 利用方法は、インフォシークのWebサイト上で好きな電光掲示板の申込みをすると、タグが表示される。そのタグをホームページのソースに貼り付けると電光掲示板が表示され情報が流れる仕組み。電光掲示板に流れるニュースの見出しをクリックすると、記事を掲載するWebページが開く。掲示板のデザインは横1行ずつ文字が流れるスティックタイプ(7種類、)と、下から上に文字が上がっていくタイルタイプ(4種類、)を用意した。



 動作環境は次の通り。Windowsの場合、対応OSはWindows 98/2000/Me/NT/XP。Flash Player 5.0以上、Internet Explorer 5.01以上またはNetscape Navigator 4.7以上、OPERA 6.03以上などが必要。Macintoshの場合、Internet Explorer 5以上またはNetscape Navigator 4.7以上が必要。

 なお、インターネット接続サービス「OCN」(http://www.ocn.ne.jp/news/)、「ドリームネット」(http://www.dream.com/)、「パナソニックハイホー」(http://home.hi-ho.ne.jp/)でも電光掲示板を採用するという。(武田 麻巳)

■問い合わせ先
・インフォシーク メールcomments@infoseek.co.jp

■関連情報
・infoseekティッカーのWebページ http://ticker.infoseek.co.jp/
ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る