このページの本文へ
ここから本文です

ミニ解説:IEで広告を表示しないようにするにはどうしたらいい

2002年5月27日
Q:IEでWebブラウジング中、広告ウインドウを表示しないようにしたいのですが、その方法を教えて下さい。

A:アクティブスクリプトを無効にしてしまえば、広告を表示しないようにすることができます。

 IEでWebブラウジング中、わずらわしいのが、見たいサイトを表示した際に自動的に開いてしまう広告ウインドウ。ほとんどの場合、これを実行しているのが、「アクティブスクリプト」という機能です。

 無効にする方法は次の通り。IEを立ち上げ、ツールバーの「ツール」→「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブをクリック。「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックし、「アクティブスクリプト」の項目で、「無効にする」を選択すれば終了です。この設定により、ハッカーの不正アクセスによる個人情報の漏えいも回避できます。

 一方、アクティブスクリプトを無効にすることで、見たいサイトそのものが表示されないケースも発生してしまいます。その場合、無効に設定されたサイトを「信頼済みサイト」ゾーンに追加することで、機能を再び有効に戻すことができます。この設定を行うための手順は次の通りです。

 IEのツールバーの「ツール」→「インターネットオプション」タブをクリックし、「セキュリティ」タブをクリック。「信頼済みサイト」をクリックし、「サイト」をクリックします。信頼済みサイトの一覧に追加するWebページ名を入力し、「追加」をクリック。「OK」を2回クリックすれば完了です。

■記事の全文は、WPC ARENAホームページの「使いこなしStage」欄にてご覧になれます。
ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る