このページの本文へ
ここから本文です

岡山大、RPRジェンセル、商業化を目指した国内初の遺伝子治療を開始 --肺ガン治療としても国内初

1999年3月4日
 岡山大学医学部付属病院第一外科教授の田中紀章氏らのグループは、民間企業から提供されたベクターを使用する国内初の遺伝子治療のフェーズI試験を、既報の通り99年3月2日から開始した。

Med japanのホームページヘ

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る