AGING Web

トップページ > ASIAN AGING SUMMIT 2013開催報告
過去の報告記事一覧 「ASIAN AGING SUMMIT2012」開催報告 AGING FOURM 2011開催報告 Good Doctor NET メンタルヘルスとリワーク 第29回日本医学会総会 2015 関西 第25回 GEヘルシーマジネーション大賞

ASIAN AGING SUMMIT 2013開催報告

新たな国家像に向かって 2030年の超高齢社会を設計し創造する

ASIAN AGING SUMMIT 2013

世界のフロントランナーとして「超高齢社会」を迎える日本。超高齢社会における“この国のあり方”を考え、産業振興の実現を目的として展開してきたこの催しも、3回目を迎えます。今回の「ASIAN AGING SUMMIT 2013」は、各分野における超高齢社会の課題を提示し、その解決を図る3日間の討議を経て、「2030年の日本のグランドデザイン」を、広く世界に向けて発信します。

■開催概要
会 期:
2013年11月12日(火)13日(水)14日(木)
会 場:
イイノホール(東京・内幸町)
主 催:
国立長寿医療研究センター
共 催:
国立精神・神経医療研究センター 国立循環器病研究センター
21世紀医療フォーラム(日経BP社)
協 力:
日本経済新聞社 千葉大学 東京都健康長寿医療センター
後 援:
内閣府 総務省 厚生労働省 経済産業省 国土交通省
東京都 千葉県 愛知県 経団連
協賛企業:
アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 アクサ生命保険株式会社
イーエヌ大塚製薬株式会社 参天製薬株式会社 
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 塩野義製薬株式会社 
住友林業株式会社 積水化学工業株式会社 
日興アセットマネジメント株式会社 日本航空株式会社
ノバルティス ファーマ株式会社 野村ホールディングス株式会社 
株式会社ベネッセスタイルケア 株式会社LIXIL (五十音順)
12日に行われたサミット・ブリーフィングと
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏による特別講演
サミット・ブリーフィング
2014/02/27
基調講演
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 辻 哲夫 氏
「2030年 超高齢未来に向けた産学連携を」
SUMMIT 第1日 11月12日(火)
シンポジウム Ⅰ
「超高齢社会のグランドデザイン」
2014/03/12
座長
座長 : 国立長寿医療研究センター理事長・総長 大島伸一 氏
社会保障制度改革国民会議で示した
「超高齢社会の医療のあり方」に向け実現をめざす
講演1
東洋大学理事長 元通商産業省事務次官 福川伸次 氏
調和を育むアジア的価値観で次代を創造
2014/03/19
講演2
内閣官房社会保障改革担当室長 中村秀一 氏
持続可能な社会保障制度策定には国民的議論が不可欠
講演3
東京経済大学現代法学部教授 西下彰俊 氏
めざすべき福祉国家ヴィジョン
~スウェーデンと韓国の介護政策を踏まえて
2014/03/26
講演4
日経ビジネス編集長 山川龍雄 氏
NKK(ネット、絆、健康)で高齢者の新たなニーズを掴め
講演5
日興アセットマネジメント会長 柴田拓美 氏
社会保障に頼らない豊かな社会の創出を
シンポジウム Ⅱ
「超高齢社会における金融の役割
~高齢者に優しいコミュニケーション技術
2014/04/02
座長
国立社会保障・人口問題研究所所長 西村周三 氏
超高齢社会におけるICT活用の鍵は
「脅迫モデル」から「激励モデル」へ
基調講演
徳島県知事 飯泉嘉門 氏
ICT活用により課題解決先進県をめざす
2014/04/09
講演1
日本IBM東京基礎研究所IBMフェロー 浅川智恵子 氏
2030年、ICTが実現する未来
講演2
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授 金子郁容 氏
効率化と安心を生むICT活用の可能性
2014/04/16
講演3
総務省大臣官房審議官 渡辺克也 氏
スマートプラチナ社会の実現に向けて
講演4
日経BPクリーンテック研究所長 望月洋介 氏
スマートシティ、コンパクトシティとICT
SUMMIT 第2日 11月13日(水)
シンポジウム Ⅲ
「超高齢社会における金融の役割
~時代が求める金融サービス」
2014/04/23
座長
東京大学大学院経済学研究科教授 伊藤元重 氏
異分野との連携で金融の破壊的創造を
基調講演
大和総研理事長 武藤敏郎 氏
超高齢社会に対応する金融のあり方
2014/05/07
講演1
三井住友銀行執行役員投資銀行統括部長 西崎龍司 氏
超高齢社会における銀行の取り組み
講演2
野村證券代表執行役副社長 沓掛英二 氏
「貯蓄から投資へ」この流れをいかに創るか
2014/05/14
講演1
アクサ生命保険取締役専務執行役兼チーフマーケティングオフィサー 松田貴夫氏
保険のイノベーションを推進し、健康、介護の課題に取り組む
講演2
野村資本市場研究所主任研究員 野村亜紀子 氏
自助努力の気づきと資産形成を支援するサービスを
シンポジウム Ⅳ
「“予防”が国民の健康を担保する」
2014/05/21
座長
国際医療福祉大学大学院教授 渡辺俊介 氏
“予防”が国民の健康を担保する
基調講演
第29回日本医学会総会2015 関西 会頭 京都大学名誉教授 元京都大学総長 武藤敏郎 氏
予防が健康社会をつくる ニューパブリックヘルスという考え方
2014/05/28
講演1
第29回日本医学会総会2015関西 副会頭 静岡県公立大学法人理事長
京都大学大学院医学研究科客員教授 本庶佑 氏
ゲノムコホート研究が拓く健康長寿
講演2
国立長寿医療研究センター研究所長 鈴木隆雄 氏
50歳 中高年からでも遅くない疾病予防、要介護予防
2014/06/04
講演3
東京都健康長寿医療センター長 井藤英喜 氏
若者の体力とトレンド ~心配な貧食、過食、短命化
講演4
呉市副市長 中本克州 氏
地域における保険者の取り組み ~呉市地域総合チーム医療
2014/06/10
講演5
京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野教授 中山健夫 氏
“予防”の医療・医学への展開
シンポジウム Ⅴ
「死生観、終末期医療、国民教育」
2014/06/17
座長
千葉大学学長 齋藤康 氏
豊かなエンド・オブ・ライフケアには法の整備と継続的な文化的活動が必要
基調講演
前衆議院議員・弁護士 仙谷 由人 氏
成熟した議論が望まれる尊厳死
2014/06/19
講演1
沖縄県立中部病院 前院長 宮城良充 氏
地方公的病院における死生観と終末期医療
講演2
みらい在宅クリニック院長 沖田将人 氏
在宅で看取る自然な最期を迎えるために
2014/06/26
講演3
前参議院議員・医師 梅村聡 氏
終末期における自己決定が担保され実現できる社会へ
講演4
東京大学大学院人文社会研究科 死生学・応用倫理センター上廣講座 特任教授 清水哲郎 氏
本人の人生を支える医療へ
A1セッション
「高齢者医療最前線」
2014/07/01
共同座長
理化学研究所脳科学総合研究センター シニア・チームリーダー 御子柴克彦 氏
高齢者医療における基礎科学の役割
共同座長
国立長寿医療研究センター研究所長 鈴木隆雄 氏
老いがはっきりと現れる 「感覚器」「運動器」「脳機能」
2014/07/03
講演1
慶應義塾大学医学部眼科学教室教授 坪田一男 氏
目の健康を考える ~ 40歳からの検診で早期予防を
講演2
愛知医科大学耳鼻咽喉科講師 内田育恵 氏
高齢者の耳の健康を考える
2014/07/08
講演3
障害者リハビリテーションセンター総長 中村耕三 氏
高齢者の運動機能を考える ~ロコモという新しい概念
講演4
群馬大学大学院保健学研究科教授 山口晴保 氏
認知症の在宅ケアを可能にする 医療と脳活性化リハビリテーション
A2セッション
「セルフケア~自分の健康は自分で守る」
2014/07/10
座長
千葉大学学長 齋藤康 氏
健康であり続けるために “自ら理解し行動できる国民”を支える
講演1
千葉大学大学院看護学研究科長・教授 宮﨑美砂子 氏
医療者中心の治療から患者主体の予防へ 千葉大学「亥鼻IPE」の取り組み
2014/07/15
講演2
ソニーCSLリサーチャー 山本雄士 氏
国民一人ひとりの健康への投資が日本の医療を救う
講演3
日本医師会副会長 今村聡 氏
地域におけるセルフケアのあり方 ~かかりつけ医の役割
B1ワークショップ
「超高齢社会の「住」のあり方1 “暮らし”の視点から考える」
2014/07/17
座長
住環境研究所主席研究員 橋本泰作 氏
「住み替え」をしながら終の棲家を手に入れよう
講演1
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授 大月敏雄 氏
居住者の多様性を取り込み街を育てる
2014/07/22
講演2
NPOたいとう歴史都市研究会副理事長 晶地域文化研究所代表 椎原晶子 氏 
暮らしたいまちは、自分たちでつくる 地域共生型のまちへ
講演3
横浜国立大学教育人間科学部教授 安藤孝敏 氏
終の棲家を求めて 高齢期の移住を考える
2014/07/24
講演4
大阪府不動産コンサルティング協会副会長 米田淳 氏 
不動産信託を活用した高齢者の住居
B2ワークショップ
「超高齢社会の「住」のあり方2 “街”と“家”の視点から考える」
2014/07/29
座長
九州大学大学院医学研究院医療経営・管理学講座教授 馬場園明 氏
高齢者を受容し 連帯して支える街へ
講演1
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授 羽藤英二 氏
超高齢社会における モビリティのあり方
2014/07/31
講演2
CCRC研究所代表 窪田昌行 氏
日本型CCRCの実現に向けて
講演3
明海大学不動産学部教授 齊藤広子 氏
資産価値を守る 持続可能なシステムの構築を
2014/08/05
講演4
山万代表取締役社長 嶋田哲夫 氏
永続する街を作る
SUMMIT 第3日 11月14日(木)
シンポジウム Ⅵ
「認知症予防と進展予防の最前線」
2014/08/07
座長
国立長寿医療研究センター病院長 鳥羽研二 氏
認知症予防のエビデンス現在の到達点と課題
座長
杏林大学医学部高齢医学教授 杏林大学医学部付属病院もの忘れセンター長  神﨑恒一 氏
認知症増加をどう防ぐか
2014/08/12
講演1
大阪大学大学院医学系研究科内科学講座老年・腎臓内科学教授  楽木宏実 氏
高血圧を「窓」とする認知症の予防と管理
講演2
国立長寿医療研究センター・もの忘れセンター外来部長 櫻井孝 氏
糖尿病治療で認知症を予防する
2014/08/19
講演3
国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター
自立支援開発研究部自立支援システム開発室室長  島田裕之 氏  
運動習慣で認知症を予防する
講演4
東京大学医学部老年病学教授 秋下雅弘 氏
食習慣を変える。認知症を予防する
シンポジウム Ⅶ
「超高齢社会の国家像を描く」
2014/08/21
座長
政策研究大学院大学理事・客員教授 小島明 氏
悲観主義ではなく、危機意識をもった改革を
基調講演
三菱総合研究所理事長 小宮山宏 氏
地域が主役 ~望まれるよそ者、若者、馬鹿者
2014/08/26
講演1
慶應義塾大学商学部教授 樋口美雄 氏
高齢者就業の変革
講演2
国立長寿医療研究センター理事長・総長 大島伸一 氏
全世代が長生きを喜べる 新たな国の形を創造
B-3ワークショップ
「少子高齢化時代の働き方」
2014/09/02
座長
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 秋山弘子 氏
多様性に対応する柔軟な雇用制度づくりを
講演1
評論家 樋口恵子 氏
女一生の働き方~貧乏ばあさん(BB)から、働くハッピーばあさん(HB)へ
2014/09/04
講演2
慶應義塾大学総合政策学部教授 後藤純一 氏
国家100年の計で労働政策を
講演3
中央大学経済学部教授 阿部正浩 氏
女性労働力の活用に いま何が必要か
A-3セッション
「超高齢社会に求められる食事学のサイエンス」
2014/09/09
座長
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部臨床栄養学分野教授 武田英二 氏
臨床栄養士・研究者の育成と科学的エビデンスの創出を
講演1
藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座教授 東口髙志 氏
食べて治す、食べて癒すために
2014/09/11
講演2
久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学教授 山岸昌一 氏
老化物質「AGE」を増やさない食事
講演3
慶應義塾大学先端生命科学研究所所長 慶應義塾大学環境情報学部教授    富田勝 氏
メタボローム解析技術が解き明かす 「食と健康」
2014/09/16
講演4
人間総合科学大学保健医療学部学部長 柴田博氏 氏
肉を食べる人は長生きする NEW

Copyright(c) Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved.