AGING Web

トップページ > ASIAN AGING SUMMIT 2012開催報告
過去の報告記事一覧 AGING FOURM 2011開催報告 Good Doctor NET メンタルヘルスとリワーク 第29回日本医学会総会 2015 関西 第25回 GEヘルシーマジネーション大賞

ASIAN AGING SUMMIT 2012開催報告

超高齢社会が向かうべき「道標」を示す場へ
導き出された“解”を世界に向けて発信

ASIAN AGING SUMMIT 2012

超高齢社会における”この国のあり方”を考え、産業振興を実現することを目的に、2011年11月に第1回として開催された「AGING FORUM 2011」。2年目の2012年は、対象地域を東アジアに拡大し、名称も「ASIAN AGING SUMMIT 2012」と改め、3日間にわたるサミットが行われた。

2012年11月26日(月)、27日(火)、28日(水)の3日間、東京・日経ホールにて開催された「ASIAN AGING SUMMIT 2012」。本サミットは、国立長寿医療研究センターが有する老年学や高齢者医療のエビデンスに加え、超高齢社会対応の産業振興策、2030年の成長戦略など、喫緊の課題を軸としたテーマを設定。5つのシンポジウムと2つのセッション、3つのワークショップでは課題解決に向け、より具体的な動きを加速するための議論が産官学政をあげて行われた。また、本サミットでのコンセンサスを経て、2030年日本のグランドデザインを、「ASIAN AGING SUMMIT 2012 宣言」として発信した。

3日間の来場者は延べ1500名を超え、超高齢社会を迎える我が国の課題をどう捉え、どのように変わっていくのか、社会に広く浸透してきたことを実感させる場となった。

■開催概要
会 期:
2012年11月26日(月) 27日(火) 28日(水)
会 場:
日経ホール(東京・大手町)
主 催:
国立長寿医療研究センター
共 催:
国立精神・神経医療研究センター 国立循環器病研究センター 
21世紀医療フォーラム(日経BP社)
協 力:
日本経済新聞社 千葉大学 東京都健康長寿医療センター 
プラチナ構想ネットワーク
後 援:
内閣府 総務省 厚生労働省 経済産業省 国土交通省 
東京都 千葉県 愛知県 日本経団連
協賛企業:
アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 イーエヌ大塚製薬株式会社 
オリックス株式会社 参天製薬株式会社 
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 塩野義製薬株式会社 
住友林業株式会社 積水化学工業株式会社 日本航空株式会社 
ノバルティス ファーマ株式会社 野村ホールディングス株式会社 
日立コンシューマエレクトロニクス株式会社 
株式会社ベネッセスタイルケア 株式会社LIXIL
サミット前夜に行われたオープニング・アクトとサミット・ブリーフィング、
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏による特別講演の模様
オープニング・アクトとサミット・ブリーフィング
2013/02/20
特別講演
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 辻 哲夫 氏
「2030年日本 超高齢社会を展望する」
サミット第1日 11月26日(月)
シンポジウム1
「東アジアにおける高齢化と課題先進国 日本の役割」
2013/02/27
共同座長
国立長寿医療研究センター理事長・総長 大島伸一 氏
変化に対応するイノベーションでチャンスを掴む
共同座長
東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 秋山弘子 氏
「全員参加、生涯参加」の社会へ
講演1
北京首都大学教授 老年医学研究所所長 張 彪 氏
Challenge of Fast Population Aging in China
中国における高齢化社会の課題と対処
講演2
延世大学保健行政・医療経済学教授 ヒョンサン・ジョン 氏
Challenges and Responses in Korea as an Aging Society
韓国高齢社会における科学、政策、産業
~特に介護保険を中心として~
講演3
台北退役軍人病院老年医学センター長 教授 陳 亮恭 氏
Population Aging and Its Impact to Taiwan
台湾における人口の高齢化とその影響
講演4
国立長寿医療研究センター研究所長 鈴木隆雄 氏
日本の超高齢社会への対応
2013/10/23
パネルディスカッション
座長:大島氏、秋山氏 パネラー:上記4氏
「東アジアにおける日本の役割」
シンポジウム2
「2030年ビジョン 超高齢社会における社会システム、
産業界の役割」
2013/04/03
座長
東京大学大学院経済学研究科教授 伊藤元重 氏
2030年、「6万ドルクラブ」入りを目指せ
基調講演
大和総研理事長 武藤敏郎 氏
マクロ経済から見た2030 年日本の課題
2013/04/10
講演1
医療経済研究・社会保険福祉協会理事長 幸田 正孝 氏
我が国ヘルスケアシステムの歩みと課題
講演2
経済産業省経済産業政策局長 石黒憲彦 氏
経済社会ビジョン ~「成熟」と「多様性」を力に
2013/04/17
講演3
日本郵船会長 宮原 耕治 氏
超高齢社会における産業界の役割と展望
2013/10/30
パネルディスカッション
座長:伊藤氏 パネラー:上記4氏
2030年ビジョン 超高齢社会における社会システム、産業界の役割
サミット第2日 11月27日(火)
シンポジウム3
「持続可能な医療保障を考える」
2013/04/24
座長
東京女子医科大学教授 渡辺俊介 氏
2030年の持続可能な医療保障を考える
基調講演
第29 回日本医学会総会副会頭
京都大学医学研究科特任教授 本庶 佑 氏
持続可能な医療保障の課題
2013/05/15
講演1
学習院大学経済学部教授 遠藤久夫 氏
超高齢社会と医療費の財源問題
講演2
日本製薬工業協会会長
塩野義製薬社長 手代木 功 氏
医療を守る~医薬品産業の立場から
2013/05/22
講演3
茨城県知事 橋本 昌 氏
医療を守る ~地方行政の立場から
講演4
東京都健康長寿医療センター長 井藤英喜 氏
持続可能な医療保障の条件
2013/11/20
パネルディスカッション
座長:渡辺氏 パネラー:上記5氏
持続可能な医療保障を考える
ワークショップ1
プラチナタウン~高齢者永住型コミュニティのあり方
2013/05/29
座長
日経ビジネス編集長 山川龍雄 氏
終の棲家ではなく、「理想の棲家」を
講演1
九州大学大学院医学研究院医療経営・管理学講座教授 馬場園 明 氏
日本型CCRCのモデル
2013/06/05
講演2
三菱総合研究所プラチナ社会研究センター長 村上 清明 氏
シニアのライフスタイルが超高齢社会モデルの鍵に
講演3
作家 楡 周平 氏
小説『プラチナタウン』が示すもの
2013/12/18
パネルディスカッション
座長:山川氏 パネラー:上記3氏
プラチナタウン~高齢者永住型コミュニティのあり方
セッション2
地域コミュニティ“向こう三軒両隣”のコミュニケーションをどう取り戻すか
2013/06/12
座長
国立長寿医療研究センター理事長・総長 大島 伸一 氏
市民を主体とした新しい文化を創生
講演1
ジャーナリスト 矢部 武 氏
ひとりで死んでも孤独じゃない 米国に学ぶ“自立死”
2013/06/19
講演2
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授 大月 敏雄 氏
成熟社会の住まいと町のあり方
講演3
東京都公園協会理事長 吉川 和夫 氏
東京都の地域コミュニティ対策「孤立死を防ぐために」
2013/12/25
パネルディスカッション
座長:大島氏 パネラー:上記3氏
地域コミュニティのあり方と国民的コンセンサス
セッション1
高齢者ライフスタイル~65歳、70歳からの生き方
2013/06/26
座長
日経ヘルス 編集長 藤井 省吾 氏
体験と知的刺激が高齢期を豊かにする
講演1
NPO法人シニアわーくすRyoma21理事長
アリア代表取締役 松本 すみ子 氏
“第2の人生”は主体的に社会とかかわろう
2013/07/03
講演2
住環境研究所所長 倉片 恒治 氏
定年後の高齢者夫婦の暮らし提案
~シングルミックスな暮らし2012
講演3
東京医科大学老年病学講座主任教授 岩本 俊彦 氏
「食育」「体育」「知育」「徳育」
~高齢者に必要な4 つの生涯教育
2013/07/10
講演4
国立長寿医療研究センター研究所長 鈴木 隆雄 氏
今日の高齢者の能力はどのようになっているか
~生活機能を測る
2014/01/08
座長:藤井氏 パネラー:上記4氏
座長と講演者の1問1答
ワークショップ2
生きがい就労の実現と、高齢者労働市場のマッチング
2013/07/17
座長
慶應義塾大学商学部教授 樋口 美雄 氏
意欲と能力に応じて働ける社会をつくる
講演1
慶応義塾大学経済学部教授 太田 聰一 氏
高齢者と若年層のベストミックス
2013/07/24
講演2
加藤製作所代表取締役社長 加藤 景司 氏
高齢者雇用事例1
土曜・日曜は、わしらのウィークデイ
講演3
かい援隊本部代表取締役会長 新川 政信 氏
高齢者雇用事例2
高齢者の高齢者による高齢者のための介護
2014/01/15
パネルディスカッション
座長:樋口氏 パネラー:上記3氏
高齢者市場の確立に向けて
サミット第3日 11月28日(水)
シンポジウム4
「いかに生き、いかに死ぬか。~終末期医療と死生観を考える」
2013/07/31
座長
千葉大学学長 齋藤 康 氏
高齢者医療の基本「人の尊厳」をどう考えるか
基調講演2
愛知淑徳大学健康医療科学部スポーツ・健康医科学科教授、
名古屋大学名誉教授 井口 昭久 氏
人の寿命、老化を考える
2013/08/07
講演1
在宅看護研究センターLLP代表 村松 静子 氏
何が在宅看護を阻むのか
講演2
都立墨東病院救命救急センター部長 濱邊 祐一 氏
救命救急センターから見た死生観
2013/08/21
講演3
藤枝市立総合病院院長 毛利 博 氏
地域中核病院の役割 ~静岡県
2014/01/22
パネルディスカッション
座長:齋藤氏 パネラー:上記4氏
国民のコンセンサスをどのように創るか
ワークショップ3
健康長寿を創る高齢者医療
2013/08/28
座長
国立長寿医療研究センター病院長 鳥羽研二 氏
健康長寿を創る高齢者医療
講演1
東京大学大学院医学系研究科加齢医学准教授 秋下雅弘 氏
薬の見直しから考える健康長寿
2013/09/04
講演2
千葉大学大学院医学研究院細胞治療内科学教授 横手 幸太郎 氏
長寿のための生活習慣
講演3
帝京大学・順天堂大学医学部泌尿器科学講座教授 堀江 重郎 氏
元気な男性を増やすために
2014/01/29
パネルディスカッション
座長:鳥羽氏 パネラー:上記3氏
健康長寿と高齢者医療の役割
ワークショップ4
科学技術イノベーション
2013/09/11
座長
産業技術総合研究所イノベーション推進本部イノベーション推進企画部
総括企画主幹 三宅 正人 氏
「長生き」より「長寿」を目指す科学技術
講演1
タニタ総合研究所代表取締役所長 谷田 大輔 氏
「はかる」を通して健康づくりに貢献する
2013/09/18
講演2
光吉研究所代表取締役所長 光吉 俊二 氏
感情の「見える化」で心の豊かさを育む
講演3
京都大学大学院地球環境学堂教授 星野 敏 氏
ICTによる高齢者コミュニティの創造
2013/09/25
講演4
日立コンシューマエレクトロニクス
生活インフラ事業推進部本部長 吉野 正則 氏
ICTで温もりあるコミュニティを取り戻す
2014/02/05
座長:三宅氏 パネラー:上記4氏
座長と講演者の1問1答
シンポジウム5
2030年のロードマップ~産官学政の役割
2013/10/02
座長
政策研究大学院大学理事・客員教授 小島 明 氏
高齢者は、現代の「旦那衆」であれ
基調講演
三菱総合研究所理事長 小宮山 宏 氏
少子化を克服し、活力ある長寿社会へ
2013/10/09
講演1
21世紀政策研究所所長 第一生命保険特別顧問 森田 富治郎 氏
経済界の役割~成長の実現と3つの視点
講演2
内閣官房社会保障改革担当室長 中村 秀一 氏
社会保障と税の一体改革」の背景と意義
2013/10/16
講演3
衆議院内閣委員長 古川 元久 氏
少子高齢化に挑む政府の取り組み
講演4
参議院議員 林 芳正 氏
経済成長、財政再建、金融政策に同時に取り組む
2014/02/12
パネルディスカッション
座長:小島氏 パネラー:上記6氏
2030年 ~この国のあり方 産官学政の役割

Copyright(c) Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved.