AGING Web

トップページ > AGING FORUM 2011開催報告
過去の報告記事一覧 「ASIAN AGING SUMMIT2012」開催報告 Good Doctor NET メンタルヘルスとリワーク 第29回日本医学会総会 2015 関西 第25回 GEヘルシーマジネーション大賞

AGING FOURM 2011開催報告

AGING FORUM 2011

超高齢社会の課題解決を議論
2日間の来場者は述べ1000人を超える

「AGING FORUM 2011」は、2011年11月9日(水)、10日(木)の2日間にわたり、都内で開催された。今から20年後の2030年、日本はアジアをはじめとする周辺諸国の中でいち早く、「超高齢社会」を迎える。この現実を逆手に取り、超高齢社会に必要な「インフラ」「プロダクト」「システム」を開発し、製品化、パッケージ化することで、20年先のビジネスモデルの構築が可能になる──。本フォーラムは、この方針のもと、産官学政の有識者による実行委員会を設立し、超高齢社会における“この国のあり方”を考え、産業振興を実現することを目的に行われた。

3つのシンポジウムと4つのセッションで構成された本フォーラムは、7つのテーマをもとに講演と討議が行われた。2日間の来場者は延べ1000人を超え、超高齢社会への関心の高さをうかがわせる結果となった。

■開催概要
会 期:
2011年11月9日(水)・10日(木)
会 場:
目黒雅叙園(東京都目黒区)
主 催:
国立長寿医療研究センター
共 催:
国立精神・神経医療研究センター、国立循環器病研究センター、
21世紀医療フォーラム、日経BP社
協 力:
東京大学高齢社会総合研究機構、日本経済新聞社、千葉大学
後 援:
内閣府、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、
千葉県、東京都、福井県、愛知県、日本経団連、経済同友会
第2日はこちら >>
シンポジウム第1日 11月9日(水)
総論~2030年 超高齢社会の予測と課題 その課題解決に向けて
シンポジウムI 超高齢社会 アカデミアからの予測と課題
2012/04/02
基調講演
東京大学高齢社会総合研究機構教授 辻 哲夫 氏
2030年ビジョンI 超高齢社会 日本の現実
1.老年学の立場から
国立長寿医療研究センター研究所長 鈴木 隆雄 氏
老いること、高齢者の現実 介護予防の重要性
2.高齢者医療の立場から
国立長寿医療研究センター病院長 鳥羽 研二 氏
在宅生活を支える医療とは 特に認知症について
3.労働経済学の立場から
慶應義塾大学商学部教授 樋口 美雄 氏
高齢者労働市場をどのように創るか
4.超高齢社会の
    国民的コンセンサス
国立長寿医療研究センター理事長・総長
大島 伸一 氏
長生きを喜べる社会とは
2012/04/25
パネル・ディスカッション
座長:辻 哲夫 氏 パネラー:上記4氏
2030年 超高齢社会のイメージ・ギャップを正す
全世代で、どのような社会を創っていくか
シンポジウムII 2030年 この国の“あり方”
超高齢社会における経済成長と地域の役割
2012/04/02
基調講演
経済同友会代表幹事 武田薬品工業社長 長谷川 閑史 氏
2030年ビジョンII 超高齢社会における産業振興
1.マクロ経済の課題
 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長
中谷 巌 氏
超高齢社会における経済成長と社会保障の好循環は可能か
2.社会保障と税財政の課題
慶應義塾大学商学部教授 権丈 善一 氏
持続可能な中福祉という国家像
3.地域社会の課題
    高齢化対応のための地域のあり方(1)
東京都副知事 吉川 和夫 氏
都市における超高齢社会への対応
3.地域社会の課題
    高齢化対応のための地域のあり方(2)
福井県知事 西川 一誠 氏
地方における超高齢社会への対応①
3.地域社会の課題
    高齢化対応のための地域のあり方(3)
千葉県柏市長 秋山 浩保 氏
地方における超高齢社会への対応②
2012/05/16
パネル・ディスカッション
座長:中谷 巌 氏 パネラー:長谷川 氏を含む上記5氏
2030年 超高齢社会 課題解決に向けての取り組み

Copyright(c) Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved.