AGING FORUM 2011 AGING FORUM 2011

「老年学(ジェロントロジー)」を、智の体系から実践の科学へ

 日本は、「平均寿命」「高齢者数」「高齢化のスピード」という3点において、世界一の高齢化社会です。日本の少子高齢化は、出生数が減り、一方で平均寿命が延びて高齢者が増加することがその原因となっています。多数の高齢者を少数の若者が支える社会では、生産性が下がることで経済の衰退が起き、国力の全体的低下は否めないでしょう。

 一方日本は、アジアにおいても周辺各国に比べて、約20年先の2030年に、いち早く、「超高齢社会」を迎えることになります。この事実を逆手に取り、超高齢社会に必要な「インフラ」「プロダクト」「システム」を開発し、製品化、パッケージ化することで、20年先のビジネスモデルを構築することが可能です。

 「AGING FORUM 2011」は、この方針のもと、産官学政の有識者による実行委員会の企画により、超高齢社会における“この国のあり方”を考え、産業振興を実現することを目的に開催します。

開 催 概 要
日 時 2011年11月9日(水)、10日(木)
会 場 目黒雅叙園(東京) 地図
主 催 国立長寿医療研究センター
共 催 国立精神・神経医療研究センター、国立循環器病研究センター
21世紀医療フォーラム、日経BP社
協 力 東京大学高齢社会総合研究機構、日本経済新聞、千葉大学
後 援 内閣府、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、
千葉県、東京都、福井県、愛知県、日本経団連、経済同友会
入場料
当日券  1日券(11月9日か10日のどちらか1日) 7,000円(税込み)
  2日通し券 12,000円(税込み)
協 賛 企 業
アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 塩野義製薬株式会社 住友林業株式会社
積水化学工業株式会社

日本航空株式会社

ノバルティスファーマ株式会社
野村ホールディングス株式会社 日立コンシューマエレクトロニクス
株式会社
三井不動産株式会社
株式会社LIXIL    
事前お申し込みの受付は終了しました。
当日券を発売しますので、受講ご希望の方は、当日会場受付にお越しください。
(当日券 1日券7,000円、2日通し券12,000円)
page top